スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ペン画で描かれたもうひとつの「週間新潮」表紙絵展
2009 / 12 / 05 ( Sat )
091205週間新潮ペン画
2009年12月27日(日)まで安曇野市穂高有明のミュージアムカフェ”バナナムーン”にて『ペン画で描かれたもうひとつの「週間新潮」表紙絵展』と題した企画展が開催されています。柳瀬氏曰く「週間新潮は一目で最新号が出たとわかるように週毎の色の変化が求められる。しかし、一絵描きとしては、たまには単色の絵も描きたくなるのです・・・」ペン画のモノトーンの世界も味わいがあります。(藤原裕子)
スポンサーサイト
22 : 30 : 55 | BANANA MOON | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋は既に訪れて
2009 / 09 / 22 ( Tue )
090922banananoon1.jpg
090922banananoon2.jpg
今日は成瀬政博さんのイラストが展示されているカフェバナナムーンにお出かけしました。ひらいみもさんのイラスト展も同時に見ることができます。安曇野市穂高でも別荘地の多い有明の林間は、市街と比べるとかなり涼しいことは体感していました。でも、BANANA MOON のカフェの桜は既に紅葉が始まっていたのです。エントランスに続く、枕木を利用した歩道の脇は紅葉が並べられていました。雨さえふれば、いつキノコが出てもおかしくないようきです。
展示されていたイラストはF4サイズのキャンバスが主でした。ひととおり見学した後、カフェタイム。ペーパードリップのホットコーヒーを注文し、一枚羽織り、テラスのテーブルで一時。コーヒーの暖かさが染みる季節を先取りした感がありました。人恋しくなる秋が到来します。

◎成瀬政博氏のプロフィール
1947年 大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。
1983年 画家として作品発表をはじめる。以後、画家・イラストレーターとして展覧会・新聞・雑誌・広告・出版物装幀。TVタイトアニメーション・CM制作等で幅広く活躍。画集・著書多数。
1989年 大阪から長野県安曇野に移住。
1997年「週刊新潮」表紙絵の連載はじまる。
2000年「タオル美術館ASAKURA」開館。「週刊新潮」表紙絵原画を常設展示。
2004年 museum cafe BANANA MOON 開館。
現在は「週刊新潮」表紙絵連載を主な仕事とし、
連載中の出版物は「婦人之友」連載 なだいなだ氏 のエッセイ「つむじ先生の処方箋」のイラスト。
コスモマーチャンダイジィングwebsiteにキャラクターイラスト。
カノラホール(長野県岡谷市)季刊誌「society」にエッセイ。
「市民タイムス」書評。(長野県中信地区)
井上百貨店包装紙・ショッピングバッグ(長野県松本)
その他多方面で本の装幀、イラストなどに携わっている。

あなたと出会う一枚を見つけに行ってみませんか(藤原裕子)。
18 : 50 : 42 | BANANA MOON | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひらい みも イラスト展~温度差~
2009 / 09 / 15 ( Tue )
090915ひらいみも
2009年9月10日から10月27日まで、安曇野市穂高有明のミュージアムカフェ・バナナムーンにてイラストレーターひらいみもさんのイラスト展「温度差」が開催されています。安曇野市で9月連休シルバーウィークを過ごそうと思われている方にお勧めです。ひらいみもさんは神奈川県在住のイラストレーター。かわいくて清潔感のある絵に定評があり、多くのファンを持ついま最も旬なイラストレーターのひとりです。「今日見たきれいな飛行雲のこととか、季節の空気の匂いとか、そういうことにきちんと気持ちをとめられる人になりたい」が生活の信条だそうです。書籍、雑誌、PR誌等で活躍中。表紙や本文挿絵を担当した主な書籍に土田登志子著『幸せがやってくる 魔法のかたづけ術』(ジョルダンブックス)や河野真希監修『はじめよう気持ちのいい暮らし』(PHP研究所)などがあります。掲載写真は案内葉書のイラストの一部です。
昨日の記事に掲載したすぐ近くのギャラリーシュタイネでは「積層のガラス展」が開催されています。(緑川広美)
21 : 07 : 01 | BANANA MOON | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BANANA MOON ~ミュージアムカフェ~
2008 / 10 / 10 ( Fri )
081010bananamoonパンフ
1997年から「週間新潮」の表紙絵を描いている成瀬政博さんのミュージアムカフェです。安曇野の木立の中に佇む美術館です。「週間新潮」の表紙絵原画は四季に併せて展示、2階のギャラリースペースでは毎月、様々なジャンルの作家さんによる企画展を開催しています。入館料500円(ドリンク付)、開館時間9:30~18:00、水曜休館。詳細や最新情報は『安曇野アートクラフトファンクラブ』のカテゴリ「美術館リンク一覧」から見ることができます。
22 : 27 : 14 | BANANA MOON | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。