スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「第九室」作家の作品展
2010 / 07 / 31 ( Sat )
100731第九室2     100731第九室1
2010年7月17日(土)~8月29日(日)まで、安曇野高橋節郎記念美術館で「九室の風を浴び 山口長男・斎藤義重・吉原治良と、高橋節郎展」が開催されています。
高橋節郎の漆芸作品はモダンな印象を受けると言われます。また、高橋は作品の制作においても漆の新しい観せ方を常に追求しました。
 これらのことは、高橋が東京美術学校(現東京藝術大学)に学んでいた時代に日本で盛んに紹介された、欧米からの新しい芸術運動やその旗手たちの作品に、彼が大きな影響を受けたことと深く関係しています。ピカソやダリらに憧れた高橋が毎年観るのを楽しみにしていた国内の展覧会が、二科展の第九室でした。
二科展ではちょうどこの頃、1930年代から、九室に前衛的傾向の強い画家の作品を集めて展示するのが慣例となっており、38年には九室への出品作家を中心に「九室会」が結成され、独立した展覧会も開かれるようになります。
 この展覧会では、九室会の結成に参加、前衛から出発し戦後美術を牽引してきた作家、山口長男(やまぐちたけお・1902-1983)、斎藤義重(さいとうよししげ・1904-2001)、吉原治良(よしはらじろう・1905-1972)の油彩画などを取り上げ、高橋の作品とともに紹介しています。
作品写真左は、山口長男 象B 1947年 横須賀美術館所蔵、右は吉原治良 作品 1936年 板橋区立美術館所蔵です。今ではこのような作風は決して珍しいものではありませんが、1930年代から40年代ということを背景にみると。大変時代を先んじていたことがわかります。
休館日 毎週月曜日(7月19日は開館)、7月20日(火)
時間  9時~17時
観覧料 600円、高校・大学生400円、中学生以下・70歳以上は無料


(藤原裕子)




スポンサーサイト
23 : 30 : 41 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
"Awareness"石田恵美・三澤知亜紀二人展
2009 / 11 / 04 ( Wed )
2009年11月8日(日)まで、安曇野高橋節郎記念美術館南の蔵でAwarenessと題し、石田恵美さんと三澤知亜紀さんの二人展が開催されています。石田恵美さんはSand Art(砂絵)、三澤知亜紀さんはPhotography/Installation(写真と設置美術・空間演出)です。時間は午前9時から午後5時まで。最終日は午後3時終了です。
今回は三澤さんのインスタレーションをご紹介します。
091104三澤insall
蔵の二階部分、吹き抜けの天井の梁から一階の床まで届く、筒状の半透明のカーテンが吊されています。中にはイルミネーションチューブがあり、光の粒々がラインを描きます。筒を囲んで、OHPフィルムのような透明板にプリントされた写真がつり下げられています。
091104三澤inspanel
写真は光を通過させるため、背景の空間色を拾います。時々、風で向きが変わります。その時々で見え方が変化して行きます。生きているアートのような感覚。空間デザイン(インスタレーション)も面白いです。保存された古い街並み自体が、大きなインスタレーションと考えればよいのでしょうか。(青柳貴大)
22 : 02 : 55 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Awareness ~石田恵美&三澤知亜紀 二人展~
2009 / 10 / 25 ( Sun )
091025awareness.jpg
2009年10月28日(水)~11月8日(日)まで、安曇野高橋節郎記念美術館南の蔵でAwarenessと題し、石田恵美さんと三澤知亜紀さんの二人展が開催されます。石田恵美さんはSand Art(砂絵)、三澤知亜紀さんはPhotography/Installation(写真と設置美術・空間演出)です。時間は午前9時から午後5時まで。最終日は午後3時終了。11月4日は休館日です。当企画は入場料無料です。お二人とも新作も発表されるそうなので楽しみです。(青柳貴大)
00 : 55 : 28 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
水墨画を描く
2009 / 10 / 18 ( Sun )
091018水墨画一式
今日は安曇野市高橋節郎記念美術館で、安曇野水墨画研究会主催小林紀美子さんによる、水墨画講座に参加しました。名古屋から訪れた方もいて、キャンセル待ちの状態だったようです。
会場には一式がセットされていました。「うわぁ、綺麗な線」。凛とした威風を感じる春蘭の手本がありました。水墨画は蘭に始まり蘭に終わるとも言われています。葉は書き順が決まっており、1,2画で線を交差させ、「鳳眼」を作ります。3画めにその鳳眼を区切る「破鳳眼」を描きます(長い葉3本がこれらに該当します)。線の書き出しは「魚頭」という丸筆のタッチを生かした美しい形でなくてはなりません。蘭のはなも書き順が決められており、6画で一気に描き上げます。名と落款は必ず入れなくてはなりません。落款は篆書体を使用します。墨汁は墨から擦ったものが用意されていました。通常のものだと、「濃・中・淡」の3段階が表現できるようです。よい墨になると5段階の階調表現ができるとのことでした。
091018講評
四苦八苦し、出来上がった作品は、その場で講評へ。受講生が感想を述べ、先生からアドバイスを頂きます。水墨画初体験の人も数人(私も含まれます)いましたが、皆さん上手いです。遠くから見れば、みな「春蘭」に見えます。ちなみに私の作品は「洋蘭のようだわね」と言われましたが。性格は至って地味なのですが、作風は別もの・・・。
午後は「菊」をスケッチし、それを見ながら画仙紙に描くという練習をしました。先生が一人一人のスケッチのとおりに、その場で手本となる水墨画を描いてくれて、それを見ながら受講生は自分の作品を完成させます。
今日の講習会で、少しだけ水墨画の世界の入り口に立ちました。やはり、奥はとてつもなく深そうです。(緑川広美)

21 : 28 : 05 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
漆パネル制作講座受講生募集
2009 / 09 / 09 ( Wed )
安曇野高橋節郎記念美術館で漆塗りの小パネルに、漆芸技法を駆使し、金粉や色粉、貝の薄片などで絵模様をつけて、オリジナル作品を制作する講習会開催。
日時:9月26日(土)から27日(日)午前9:30~午後4:30。(2日間参加が条件)。
定員:15名
指導:東京藝術大学漆芸研究室
材料費:2,800円
持ち物:昼食、材料費、鉛筆、消しゴム、ピンセット、小はさみ
申し込み:8月27日(木)から9月23日(水)、午前9時から午後5時、休館日除くで電話で申し込み。電話:0263-81-3030
2日間続けて制作に取り組める意欲のある方がよいと思われる。理由は始めての技法を学びながらかつ、創作活動のため。(岡田浩助)
02 : 28 : 39 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。