スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
西澤知江子 新作絵画展 ~移りゆく光~
2009 / 09 / 22 ( Tue )
090922西澤知江子マーガレット
090922西澤知江子ブランチ
2009年9月30日(水)から10月6日(火)まで、松本市井上百貨店・新館6Fのギャラリー井上で「西澤知江子 新作絵画展 ~移りゆく光~」が開催される。あたたかい優しい光に包まれた秀作30余点を展示。
西澤知江子:移りゆく光をテーマに窓辺の花、ダイニングの風景を岩絵具で描く、注目の女流画家。現在、日本美術家連盟会員
(岡田浩助)
スポンサーサイト
22 : 32 : 34 | ギャラリー井上 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
見なければよかった?~中島潔版画展~
2009 / 09 / 18 ( Fri )
090918中島清
2009年9月16日(水)から22日(火)のシルバーウィークにかけ、松本市井上百貨店・新館6Fのギャラリー井上(東ホール)にて、中島潔版画展が開催されています。展示販売です。写真は案内葉書に掲載されていた作品「夢の色」です。多色刷りの版画で、20色から22色くらいの色が重ねられて(つまり1作品につき20回から22回の作業をして)作られています。版画なのに筆で描いたような線の柔らかさがあり、重ねた色がぶれず、お互いの色を引き出しあっています。国内では不動の地位を確立していたにもかかわらず、60歳になってもなお、新境地を求めパリにて作品制作をした中島潔。完成された巧みの技に脱帽です。「見なければよかった」・・・あまりにも凄い作品を見せつけられると、その方向を目指す者は時に自信を喪失します。でも、本物を見られてよかった。明日にはやる気満々になるでしょう。(緑川広美)
23 : 27 : 35 | ギャラリー井上 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
平山郁夫水彩画限定復刻版展
2009 / 03 / 10 ( Tue )
ギャラリー井上ストリートギャラリーで展示。17日(火)まで。約20点の作品を展示。
23 : 55 : 03 | ギャラリー井上 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユトリロ秀作版画展
2009 / 02 / 14 ( Sat )
090213ユトリロ墓地松本市ギャラリー井上にて2月17日まで開催されます。「幻の村」シリーズ、「モンマルトルの雪の朝」など35点。写真はフランスのパリモンマルトルにあるMAURICE  UTRILLO(1883-1955)の眠るサン・ヴァンサン墓地です。(緑川広美)
21 : 21 : 35 | ギャラリー井上 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャガール秀作版画展
2009 / 01 / 06 ( Tue )
090106シャガール魔笛マルク・シャガールーロミオジュルエット








松本市のギャラリー井上では13日まで「愛と夢と希望の画家・シャガール秀作版画展」を別館6Fギャラリー井上西ホールで開催。「色彩の魔術師」といわれた美しい版画や希少なオリジナルポスター約35点を展示販売する。写真は左が「魔笛;1967年リトグラフ」、右が「ロミオとジュリエット;1964年リトグラフ」。
マルク・シャガール(Marc Chagall)(1887年7月7日 - 1985年3月28日)。20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。ユダヤ人。シャガールは1910年パリに赴き、5年間の滞在の後、故郷へ戻る。この最初のパリ時代の作品にはキュビスムの影響が見られる。1915年に結婚。10月革命(1917年)後のロシアでしばらく生活するが、1922年、故郷に見切りをつけ、ベルリンを経由して1923年にはふたたびパリへ戻る。1941年、第二次世界大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命した。なお、同郷人で最初の妻ベラ・ローゼンフェルトはアメリカで病死した。1947年にパリへ戻ったシャガールは、1950年から南フランスに永住することを決意し、フランス国籍を取得している。1952年、当時60歳台のシャガールはユダヤ人女性ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚した。1960年、エラスムス賞受賞。同年、当時のフランス共和国文科大臣でシャガールとも親交のあったアンドレ・マルローはオペラ座の天井画をシャガールに依頼。これは1964年に完成している。1966年、シャガールは17点から連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するための国立美術館の建設を推進し、ニース市が土地を提供する形で1973年、画家の86歳の誕生日にニース市のシャガール美術館が開館した。墓はニースに近いサン・ポール(Saint Paul)のユダヤ人墓地にある。
代表作
I and the Village(1911年) ニューヨーク近代美術館
七本指の自画像(1912年 - 1913年) アムステルダム市立美術館
誕生日(1915年) ニューヨーク近代美術館
Green Violinist(1923年) グッゲンハイム美術館
青いサーカス(1950年) ポンピドゥー・センター
イカルスの墜落(1974年) ポンピドゥー・センター
America Windows(1977年) シカゴ美術館
バレエ『アレコ』(1942年) 舞台背景画 第1、2、4幕 青森県立美術館
バレエ『アレコ』(1942年) 舞台背景画 第3幕 フィラデルフィア美術館
イスラエル十二部族
(岡田浩助)
23 : 30 : 44 | ギャラリー井上 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。