スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
バラだけの写真展
2010 / 02 / 27 ( Sat )
安曇野市豊科の豊科サティにて3月3日(水)まで白馬村の写真家塩島千典氏のバラの写真展が開催されています。昨年、豊科近代美術館のバラ園で撮影された24作品を展示。オールドブラッシュやコクテールなど5種類のバラについては、光りの具合、広角、望遠などで様々な表情を表現しています。
(緑川広美)
スポンサーサイト
22 : 16 : 29 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野に紅梅咲く
2010 / 02 / 25 ( Thu )
100225初梅
穂高神社にある紅梅がここ最近の暖かさでついにほころび始めました。23日開花を確認したようです。長野気象台でも、23日城山公園にある梅の標本木が開花しました。1953(昭和28)年に統計を取り始めて以降、1979年の2月15日に次いで2番目の早さだそうです。今年は1月下旬からオオイヌノフグリが青い姿を田の畦に現し、とても早い開花だとは思っていましたが、予感は的中したようです。暖かいのはいいことです。季節感が微妙にずれてしまいますが・・・(藤原裕子)
21 : 59 : 09 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第9回信州梓川賞展
2010 / 02 / 24 ( Wed )
100224信州梓川賞展
2010年2月19日(金)から3月7日(日)まで松本市梓川アカデミア館にて「第9回信州梓川賞展」が開催されています。梓川にかかわる風景、風物などの日本画、油絵、水彩画、版画、素描などの作品62点が展示されています。F30号を中心に整然と作品が陳列され、力作揃いです。写真は梓川賞を受賞した上嶋さんの「待春・梓川」です。青柳貴大の作品も入選し展示されています。審査員は田坂ゆたか氏(洋画家)、征矢野久氏(洋画家)、竹内順一氏(松本市美術館館長)です。
(藤原裕子)
23 : 23 : 52 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野の里に塔の建物
2010 / 02 / 22 ( Mon )
100222安曇野搭風景
雪化粧をしたきれいな台形の有明山を背景に時計塔のある建物の風景。澄んだ乾燥した大気があたりを包みます。美しい建築物は自然の風景に合うものですね。自然が脇役、塔が主役となっています。(藤原裕子)
23 : 57 : 46 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
樹氷に輝く尾根
2010 / 02 / 22 ( Mon )
100220樹氷の尾根
100220光る尾根
今日は暖かい日でしたが、山は別。雨氷が降った時に凍り付いた木々の枝には氷がついたままの状態です。毎日ふもとから樹氷が見られます。ここ数日、陽が傾き始めると、尾根が光りを屈折して、安曇野の里から輝いて見えます。できればもっと近づいて、一眼カメラに望遠レンズを装着し、絞り込んで撮したいなと衝動に駆られます。この写真は買い物帰りにコンパクトデジカメで撮影したもの。これが限界です。美しさが今ひとつお伝えできないのが非常に残念です。(緑川広美)
21 : 04 : 58 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
色眼鏡
2010 / 02 / 20 ( Sat )
100218色眼鏡
色眼鏡、色が強すぎて色がわかりません。色眼鏡、色が違って色がわかりません。色眼鏡、それでも掛けつづけたら眼がずれちゃいました。色眼鏡、はずしてもとうとう元に戻らなくなってしまいました。
(青柳貴大)
00 : 25 : 28 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベンチ
2010 / 02 / 18 ( Thu )
100218里山
冬の間は誰も座らないベンチ。白銀の中にぽつりと佇むベンチ。木製でもなく、赤く鮮やかでもなく、色あせた青のベンチ。
(青柳貴大)
23 : 50 : 06 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬山が小豆色に染まり春を呼び
2010 / 02 / 18 ( Thu )
100218東山
安曇野市から見られる東の低山。雪は残っていますが、全体が青灰色から小豆色に変化してきました。今年は例年より春の到来が早そうです。(藤原裕子)
22 : 49 : 58 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第11回カインズ手づくり大賞作品UP
2010 / 02 / 17 ( Wed )
第11回カインズ手づくり大賞受賞作品が(株)カインズのホームページから閲覧できます。青柳の審査員特別賞作品「玄関ニッチと階段下収納」も写真がUPされました。(緑川広美)
22 : 58 : 47 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
日の出
2010 / 02 / 16 ( Tue )
100215日の出
飾りガラスを通して見えた日の出のイメージ。(青柳貴大)
22 : 19 : 28 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川原享子パーチメントクラフト展~カフェギャラリー縁縁~
2010 / 02 / 14 ( Sun )
100214パーチメント
安曇野市在住の作家川原享子さんのパーチメントクラフト展が、安曇野市穂高有明のカフェギャラリー縁縁にて2月28日まで開催されています。約30点の様々な作品が展示されています。期間中の27日午前10時からはパーチメントクラフトの体験教室もあり、参加費1,500円で誰でも参加できます。パーチメントクラフトは以下の解説をご覧ください。。

パーチメント:パーチメントクラフト(Parchment Craft)。厚手のトレース紙(パーチメントペーパー)にエンボス加工を施し、カードなどを製作する手芸のこと。パーチメントとは本来羊皮紙を表し、初期のパーチメントクラフトは羊皮紙にエンボス加工を施したものを指していたが、20世紀に入って専用の紙(パーチメントペーパー)が生みだされ、現在は専らこれが使用されている。
パーチメントクラフトでは、以下の技法を組み合わせて作品を作る。
トレーシング - 図案をパーチメントペーパーに写し取る。
カラーリング - パーチメントペーパーに彩色する。全体を染めるのではなく、花などのモチーフに部分的に彩色することが多い。
エンボッシング - エンボスペン(先端に金属の球がついた器具)を使って模様を浮き出させる。エンボス部分は白濁する。
パーフォレイティング - 専用の針を使ってパーチメントペーパーに穴をあけ、レース模様を作成する。針の種類や針を打つ間隔によってさまざまなレース模様が作成される。
以上『ウィキペディア(Wikipedia)』一部改。
(青柳貴大)

20 : 28 : 07 | カフェギャラリー縁縁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雨氷・雪紐・残り葉
2010 / 02 / 14 ( Sun )
100214安曇野冬景色
過冷却された雨が枝にあたり、瞬間に凍り付いた雨氷のクリスタル、枝に白蛇のようにまとわりついた雪紐、未だ落葉せずに早春の芽吹きを見届けようとする残り葉。ここ4日間、安曇野の里山で見られた冬景色。
(青柳貴大)
19 : 46 : 52 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミラクルな日
2010 / 02 / 13 ( Sat )
100213長皿
今日は奇跡の一日でした。写真のレッドシダーから掘り出した木の長皿、2点だけカフェギャラリー縁縁さんに置いて頂いていたのですが、3か月前にご購入頂いたアトリエアルフェの川原享子さんと縁縁でばったりお会いすることができました。そしていろいろお話を伺っていると、今度は残りの1点を購入してくださった方が喫茶の方に入って来られました。その方は日本画家の山田三恵子さんでした。それぞれが初対面という状況でテーブルを囲む形となりました。一体何に使用したらよいのか、ある意味中途半端な木の長皿、私は季節の旬物などの飾付け用にどうかなぁ~と思いながら制作した時に上のような写真を撮影していました。もちろん筆入れや箸置きなどにも利用できますが、厚みがあり、彫り残した余白もかなりあり、卓上では邪魔になる形状をしています。川原さんは描画する時の絵の具入れに(ジャストサイズだそうです)、山田さんはほぼ私が想像したような用途に使いたいとの事でした。全くの他人同士が偶然に結びつく、奇跡の出会いを経験しました。また、感性を共有出来たことも嬉しいことです。
川原さんのご親友のボーカリストのエミー・アラカワさんも同席され、彼女からは縁あって入手し、不要になった檜や松、みず楢などの端材を頂きました。耳付き材もあるので、面白い作品が作れそうな予感です。
出会ったのは本当に偶然ですが、縁を取り持って頂いたのは縁縁オーナーの山本さんのおかげ。今日は、皆さんにワクワクな出会いを感謝せずにはいられない日となりました。(青柳貴大)
23 : 27 : 48 | カフェギャラリー縁縁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
古根香(フルネカオル)さん友禅染色展~アートカフェ清雅にて~
2010 / 02 / 13 ( Sat )
100213友禅
安曇野市豊科のアートカフェ清雅で開催されている古根香(フルネカオル)さんの友禅染色展を観賞にいってきました。オーナーの許可を頂いて撮した一枚の作品を掲載します。私の想像を超えた美しさでした。関連記事はこちら
(藤原裕子)
21 : 50 : 47 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪の華
2010 / 02 / 12 ( Fri )
100213雪の華
2月の中旬は例年、結構大雪の日があったりします。昨日からの雨と雪が枝に凍り付き、真珠のような華を咲かせました。常緑樹の暗い背景とのコントラストが際だっています。陽光が射したら、輝いてさぞかし綺麗だろうと容易に想像してしまいます。(藤原裕子)
22 : 42 : 32 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小中学生の花やみどりのある絵展
2010 / 02 / 11 ( Thu )
2010年2月16日まで松本市梓川のアカデミア館にて、信濃教育会と長野放送主催する小中学生の「花やみどりのある絵展」中央入選作品が展示されています。約340作品。感性、大人でもあなどれない画力、こどもの絵にはたくさんの発見があるようです。
(緑川広美)
23 : 18 : 04 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
斬新なデザインで友禅染
2010 / 02 / 09 ( Tue )
安曇野市豊科のアートカフェ清雅にて2月27日まで、安曇野市明科在住の友禅染織家の古根香(フルネカオル)さんの友禅染色展が開催されています。古根さんは鎌倉市の東京友禅工房「染色小町苑」で10年間修行、神奈川県美術展では特選を受賞した経歴の持ち主です。現在は「友禅工房香庵」を開き、創作活動を続けています。デザインに特に時間を費やし、作品にはそれぞれイメージ名が付けられています。(藤原裕子)
22 : 58 : 39 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
蜘蛛の巣のランプ
2010 / 02 / 07 ( Sun )
100207蜘蛛のランプ
地面に作られた蜘蛛の巣穴が明るかったので、そっと覗いてみると、太陽が見えました。周りは繭のように蜘蛛の糸が被っています。きっと大事に大事に保管しているのでしょう。
(青柳貴大)
23 : 12 : 34 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南天につらら
2010 / 02 / 07 ( Sun )
100207南天
寒い日が続いています。つららができました。屋根からしたたり落ちた雫が、庭木の南天の実にあたり、赤い結晶が透明な硝子の雫に包まれました。日をあびてキラキラ輝いていました。
(藤原裕子)
22 : 07 : 07 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野市も寒いです。今日はパウダースノウが舞っていました
2010 / 02 / 06 ( Sat )
100206気泡水
川面にできた気泡水の氷のオブジェ。赤い落ち葉も巻き込んで、なんかしら不気味な顔のようにも見えます。ただし、何に見えるかはその人それぞれ。赤ん坊を連れた親子の散歩に見られる方もいれば、ドクロのように見える方もいらっしゃるのでは?その時にの体験、気分で開く抽斗は変化するようです。漁師の方は、越前クラゲにみえるかもですね。今日は寒くてパウダースノウが里でも舞っていました。(緑川広美)
23 : 46 : 49 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これはどんな作品にしあがるのでしょう?
2010 / 02 / 03 ( Wed )
100203箸置き
ある作家さんから依頼された木片。かまぼこ型の板と薄板の2枚の組合せで構成されています。長さは5cmくらい。どのように作品に仕上がるか楽しみでです。(青柳貴大)
22 : 01 : 41 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
眠たいから寝ます
2010 / 02 / 02 ( Tue )
100202眠い
わが家の愛猫スコティッシュフォールド、ストロボ撮影したので眼が緑色に光ってます。眠たいそうでこれから寝ると申しておりました。撮影が終わると10秒後には丸くなって眠っていました。(緑川広美)
21 : 32 : 14 | 猫ねこCatネコ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夕刻からぼた雪がふりだし
2010 / 02 / 01 ( Mon )
100201降雪
今日は夕刻4時頃から雪が降り出しました。気温はそれほど低くなかったのでぼた雪になりました。それでも、勢いはよく、明朝までには10cmくらいはつもりそうです。東京でも今晩は、積雪があったとニュースで報じていました。安曇野でも2月は結構、まとまった降雪があります。湿った雪の重みで、竹や木が路線上に倒れ、一時欠行となったJRもありました。写真は有明山、ごつごつとした勇姿がわかります。(藤原裕子)
23 : 38 : 57 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。