スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ツツジと桜と雨
2010 / 04 / 27 ( Tue )
100427三つ葉ツツジ雨
曇り日、明るい雨降りの日は花色の発色が美しくフィルムに収められます。心のイメージのままの、花が咲きました。
静かに過ごす雨の日は贅沢だと思います。ただ、ゴールデンウィーク中はずっと晴れていて欲しいものです。県外からのお客さんが、安曇野を充分堪能してもらうために。
(青柳貴大)
スポンサーサイト
22 : 16 : 16 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野スイス村~安曇野ワイナリー~
2010 / 04 / 27 ( Tue )
100426安曇野ワイナリー
今、安曇野スイス村の向かいの畑は菜の花が満開です。安曇野ワイナリーの桜は葉桜になりつつあります。作品は青柳が撮影した一週間前の安曇野ワイナリー。桜と塔の相性が心地よい気がします。桜は主役にも、引き立て役にもなりますね。

安曇野ワイナリーでは「長野県原産地呼称管理委員会認定ワイン」が購入できます。
今年新たに認定されたワインは
ソーヴィニヨン・ブラン2007ドゥジェム(北安曇郡池田町青木原ヴィンヤードの樹齢20年になるソーヴィニヨン・ブラン100%。グレープフルーツのような柑橘系、ライチやトロピカルフルーツを思わせる甘い香りも。果実味たっぷりのジューシーな味わいが印象的な辛口白ワイン)と
シャルドネ2007ドゥジェム(北安曇郡池田町青木原ヴィンヤードの樹齢20年になるシャルドネ100%。柑橘系の爽やかな酸味が若々しいフレッシュな辛口白ワイン)の二つ。共に720mlで1,575円です。

私はお土産には購入しますが、自分では飲んだことがありません。ああ、飲んでみたい~。


○参考○ 長野県原産地呼称管理委員会認定ワインとは
【ワインの主な認定基準】
長野県産のブドウのみを使い、専門家による厳しい官能検査( 色、香り、味、バランス)に合格したものだけが認定される。
【認定ワインに表示される項目】
1. ぶどう原産地:長野県
2. ブドウ品種
3. 収穫年
4. 醸造地 
5. 添加物・特殊な製法

(緑川広美)
00 : 08 : 35 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春めいて
2010 / 04 / 25 ( Sun )
100425レンゲ草
今年はいつ頃になるのでしょうか。れんげ草で田が被われるのは。菜の花が最盛期を迎える頃に、れんげ草も咲はじめ、ピンクと黄色のコントラストが見事です。
今、道の駅堀金物産センター横の畑は菜の花が満開になっています。県外からの観光客の方も既にたくさん訪れています。さあ、安曇野の素敵な季節が始まります。
(青柳貴大)
21 : 56 : 11 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
陶と木~森の早春賦~
2010 / 04 / 24 ( Sat )
100424ととか
安曇野市穂高有明のカフェギャラリー縁縁にて、工房ととかさんの「陶と木 森の早春賦」展が開催されています。
工房ととかは菊池克典(漆器)・菊池智子(陶器)のご夫婦の工房です。漆器、陶器、それぞれのコラボ作品など、暖かみのある作品が並んでいます。
開催期間は4/2~5/5日、時間は10:00~18:00までです。展示販売もされています。
カフェ・ギャラリー 縁縁:水曜日定休。入館料無料です。
お問合せ;090-1545-1787
20 : 15 : 00 | Unclassifications | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桜絨毯
2010 / 04 / 23 ( Fri )
100423桜絨毯
天に
咲き
空に
舞い
地に帰る
(岡田浩助)
23 : 26 : 32 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
光城山桜並木~今週末見頃~
2010 / 04 / 22 ( Thu )
100420光城山
安曇野市豊科の光城山、今週末、桜が見頃となります。写真は2日前のもの。週末までには尾根に沿って麓から頂上までピンクのカーペットがつながります。遠くからでも目立ちます。画面下の緑は犀川の岸に立つ柳の木々です。景色を愛でる季節ですね。
(緑川広美)
22 : 13 : 39 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川の柳 新緑に濡れて輝き
2010 / 04 / 21 ( Wed )
100421柳新緑09fa
一斉に
芽吹く
古(いにしえ)からの
約束を
守り続ける

(岡田浩助)
22 : 36 : 30 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
つつじと桜共演
2010 / 04 / 20 ( Tue )
100419三つ葉ツツジ01
紅白の彩りはソメイヨシノとツツジ。春霞の空に映えます。
(青柳貴大)
21 : 50 : 52 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ひなたぼっこ
2010 / 04 / 19 ( Mon )
100419abcat.jpg
窓から射す春の光。まどろんでいるアビシニアンキャット。瞳には何が見えているのでしょうか?
これから眠るのでしょうか?活動するのでしょうか?
(藤原裕子)
22 : 58 : 15 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CAFE VALO(カフェ バロ)
2010 / 04 / 18 ( Sun )
100418VALO外観
今日は昨日の雪模様から一転、清々しいお天気となりました。以前、お話する機会を得たnews設計室の代表丸山さんの勧めで、昨年11月にオープンしたばかりのCAFE VALO(カフェ バロ)を訪ねました。外観はどこぞやの会社のモダンな事務所のように見えますが、れっきとした美味しいコーヒーを味わえるカフェです。
100418VALOcounter.jpg
洗練されたデザインと洗練されたものだけで構成される店内は自由に自分の空想を巡らせる空間となっています。夕刻に訪れたので、西壁の採光用の細長い窓から光りが漏れ、棚の上が輝いて見えました。
オーナーの淹れるバロブレンドはお勧めです。オリジナルのブレンドです。コーヒーカップも中厚手で冷めにくいように配慮されています。オーナーの体育会系のがっしりとしたボディーから注がれる湯は、魂がこもり、コーヒーにブレンドされていくようでした(話しかけるのもためらうほど真剣に抽湯されています)。
100418VALO東窓景
そして、東に設けられた横長の窓からは借景のような安曇野の民家と田園風景が。美ヶ原高原なども望めます。日の出の時間に朝陽を浴びながらコーヒーを飲めたら最高でしょうね。
100418VALOblend.jpg
カウンター席にはご近所の方から頂いた色変わりの水仙やヒヤシンスがディスプレイされていました。コーヒーはバロブレンドです。私は砂糖もミルクも使わないので、シンプルにカップ&ソーサーのみが写っています。
短い時間しかいませんでしたが、沢山のお客様が来ていました。次回は、東側のデッキテラスでコーヒーを飲みたいと思います。
カフェバロさんのブログはこちらから(ブログからマップも検索できます)。

(青柳貴大)

23 : 52 : 30 | Various arts | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォト・アート展 続報
2010 / 04 / 17 ( Sat )
100417テラコッタとフォト2
アートカフェ清雅で開催されている洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォト・アート展。青柳貴大の作品「桜ふぶき」と洞沢氏のテラコッタ小品です。オーナーこだわりのディスプレイの一部です。異なったジャンルの作品が互いを引き立てあう、コラボレーションが相乗効果を生み出したよい事例です。
山の斜面の桜並木で有名な光城山の桜も中腹まで開花してきました。安曇野市はまだまだ桜の花見日和が続きそうです。
(藤原裕子)
23 : 55 : 46 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォト・アート展 続報
2010 / 04 / 16 ( Fri )
100417テラコッタとフォト
安曇野市豊科のアートカフェ清雅で開催中の洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォト・アート展の一風景。テラコッタと桜の写真が見事なハーモニーを醸し出しています。壁面にはスタッフ青柳貴大の小彼岸桜の写真も3葉展示されています。左手の一枚と右奥の2枚。今年の新作です。ぜひ本物をご覧になってださい。
(藤原裕子)
23 : 15 : 09 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
洞沢今朝夫彫塑・テラコッタ展会場
2010 / 04 / 15 ( Thu )
100415洞沢彫塑少女立ち姿 100415洞沢彫塑少女バイオリン
100415洞沢彫塑展桜2枚
安曇野市豊科アートカフェ清雅で開催されている洞沢今朝夫彫塑・テラコッタ展会場の様子。青柳が出展している桜の写真と洞沢氏の彫塑・テラコッタのコラボレーションがどんな様子なのか見学してきました。第一印象「成功!」。
清雅オーナー岡村さんの展示センスが映え、彫塑を見事に引き立てつつ、自らも存在感を保つ展示がされていました。
週末が楽しみ。どれくらいの人が感動を共有してくれるのでしょう。(バイオリンを持つ少女の後ろの作品は桜ではなく、シラネアオイです)。
(緑川広美)
21 : 58 : 54 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野桜づくし
2010 / 04 / 14 ( Wed )
100414さくら
安曇野市は今週末以降まで充分桜が楽しめます。開花状況、里は満開、山里は7分、北(大町、白馬方面)へ行くほどまだ蕾の割合が高いです。桜並木が有名な安曇野市豊科の光城山はふもとの方が少しピンクがかってますが、頂上の方はまだ茶色のままです。
清楚、白と薄桃色の間にある繊細な色合い、そして美しさを保ったまま一気に散る潔さ。毎年、レンズを向けずにはいられない桜です。
(青柳貴大)
23 : 55 : 48 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォトアート
2010 / 04 / 14 ( Wed )
100413小彼岸桜
2010年4月13日(火)から30日(金)まで安曇野市豊科のアートカフェ清雅にて、洞沢今朝夫「テラコッタ小品展」と彩る「桜」フォトアートが開催されます。松本市の洞沢さんのテラコッタ彫塑と、それらの作品を囲む満開の桜フォトアートで春をご堪能ください。フォトアーティストは石田道行さん、大平滋子さん、青柳貴大の3人です。掲載写真は青柳が先週撮影したばかりの小彼岸桜です。会場に展示されています。
(藤原裕子)
00 : 39 : 22 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お花見には行かれましたか?
2010 / 04 / 13 ( Tue )
100412花街灯
安曇野でもソメイヨシノが開花してきました。今週末は見頃を迎えると思います。鳥のさえずり、小川の水音、吹き抜ける春風、お天気が良ければお弁当を持ってお出かけしたいですね。松本城の桜もライトアップされています。河原の柳の新緑も美しいですよ。以上、開花状況報告でした。
(緑川広美)
00 : 00 : 00 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小林紀美子水墨画展 他
2010 / 04 / 11 ( Sun )
・安曇野水墨画研究会代表小林紀美子さんの水墨画展~伝えたい風景「風花香Ⅱ」~が2010年4月9日から14日まで、安曇野市豊科の豊科サティで開催されています。
・田中春弥展が13日まで松本市のギャラリー井上にて開催されています。
・本日の安曇野はソメイヨシノ5分咲き。満開になるのは今週半ばから週末頃です。
・爺ヶ岳の種まき爺さん(雪形)が4月8日には一体だったのが10日には二体になりました。異常に早く出現。
(緑川広美)
23 : 46 : 01 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春のバトンタッチ
2010 / 04 / 10 ( Sat )
100410梅も綺麗
高遠城址公園は混雑したようですね。世間は桜、桜と物騒ぎですが、まだ、ひっそりと咲いている梅もいいものです。桜が満開になるまで、春のバトンタッチを待って、頑張ってくれているのです。散る前の花の美しさに素直に感動する歳となりました。
(青柳貴大)
20 : 02 : 45 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010 / 04 / 10 ( Sat )
100410アイアンと木の一輪挿し
青柳がデザインした一輪挿し、WORK-102。木工とは呼べませんが、木とガラスとアイアンのミクストメディアと呼べばよいでしょうか。家を構成する素材と同じですね。ガーベラはさながら人ということになるのでしょうか?とにかくデザインが難しいと嘆いています。洋間向きですね。
(藤原裕子)
00 : 34 : 46 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自然の一輪挿し
2010 / 04 / 09 ( Fri )
100409自然の一輪
一輪挿しのデザインを考えているのですが、自然にはかないません。コヒガンザクラの枝の出方、しなり方、花の付き方、幹との対比、太刀打ちできません。ここからいいデザインやアイデアが浮かべばいいのですが、いろいろな既成観念の塊となった私の脳には難しい作業です。
(青柳貴大)
23 : 21 : 00 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高遠城址公園コヒガンザクラ開花状況
2010 / 04 / 08 ( Thu )
100408sakura.jpg
安曇野市ではありませんが、全国的に有名な高遠城址公園の桜開花状況をアップします。2010年4月8日現在、5分咲きです。開花した花と膨らんだ蕾が半々の状態ですが、充分に見応えがあります。満開は10日から。ちょうど今週末と重なり大渋滞が予想されますので、シャトルバス情報などよく調べてお出かけください。
寒の戻りで、例年よりピンクがかって、青い空とのコントラストが最高です。渋滞は嫌と言う人は時期をずらして、桜吹雪の舞う頃がお勧めです。屋台からいい香りが漂い、お腹が鳴っています。
安曇野市のソメイヨシノはまだ蕾です。里の辛夷は咲き始めました。
(緑川広美)
20 : 18 : 49 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
開花する
2010 / 04 / 06 ( Tue )
100406小彼岸桜
今日の安曇野市は21℃まで気温が上昇しました。寒のもどりで桜の開花が若干のびそうですが、品種によってはすでに開花している木もあります。毎年早く咲く桜の木、満開になっていました。安曇野市で桜が満開になるのは、あと10日くらいはかかることでしょう。
(藤原裕子)
23 : 14 : 17 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出会い、かさなり、花となる
2010 / 04 / 06 ( Tue )
100405かさなり
青柳は写真展を通して、短期間に多くの方と貴重な出会いがあったそうです。いろいろな分野のエキスパートの方々で、彼の頭にはその方々を納めるに足る抽斗がないとのことでした。今はまだ小さな抽斗ですが、少しずつ大きなものにしてゆくとの事でした。そして、それぞれがそれぞれに重なり合い、花を咲かせる日は訪れます。そう望んでいる限り、その日は訪れるのです。
(藤原裕子)
01 : 03 : 47 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白壁
2010 / 04 / 04 ( Sun )
100404テラコッタ
写真展が無事終了しました。
作品を片づけて蔵の白壁が現れました。
次の作品が搬入されるまでしばらくの間は、
テラコッタとラナンキュラスが空間演出をしてくれています。
ご来場してくださった皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。
(青柳貴大)
23 : 46 : 52 | Thanks&Reward | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
行きずりの瞬間(とき)に圧倒される
2010 / 04 / 03 ( Sat )
100403isida.jpg
2010年4月2日(金)~4月7日(水)まで安曇野市豊科の豊科サティにて、石田道行写真展「行きずりの瞬間(とき)~大切なもの・・~」が開催されています。桜や紅葉、新緑など樹木を中心としたA1~A0サイズの大作が並びます。写真展は数々あれど、数年ぶりに圧倒されました。プロフェッショナルと素人集団の写真展の差が歴然とわかる展示会です。私が目指している一幅の絵画のような作品が並んでいました。中には油彩ではないかと見まごう作品もありました。作者の石田さんは私のいろいろな質問に丁寧に親切にお応えくださいました。ありがとうございました。
写真に感動を失いつつある方、新しい発見をしたい方は見学必須です。
(青柳貴大)
20 : 39 : 49 | Photograph exhibition | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
葉を挿すだけで花が咲く一輪挿し
2010 / 04 / 03 ( Sat )
100403一輪挿し 100403一輪挿し2
国産ひのきの耳付き(皮付き)一輪挿しです。この一輪挿しの特徴は葉を挿すだけで木の花が咲くことです。試しに椿の葉のみを生けてみました。どうでしょうか?花が咲きましたよね。
この作品は安曇野市穂高有明のカフェギャラリー縁縁に展示して頂こうと思っています。今、なぜか、一輪挿しを作りたい衝動に駆られています。なぜでしょうか。不思議です。衝動が消えない内に数点作成したいと思います。
(青柳貴大)
00 : 00 : 29 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石垣島産島ラー油
2010 / 04 / 02 ( Fri )
100402ラー油
沖縄、石垣島を旅した友人から、今話題の石垣島ラー油を頂きました。一番人気の石垣島ラー油は一瓶1,800円で、一人一瓶の限定販売でなかなか入手できないそうです。で、これは2番人気の石垣島産ラー油。餃子のたれ、炒め物、和え物、ラーメンスープ等何でも、お好みで使えます。島とうがらしとヒバーチが主成分となっています。
「ヒバーチ」とは島のこしょうのことです。少し甘い香りがし、後味がスッキリと抜けていきます。最近では自生のヒバーチが少なくなってしまい、石垣島でも品薄状態が続いているそうです。大事に使わせて頂きます。
(緑川広美)
22 : 12 : 49 | Thanks&Reward | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
作品の補充に行ってきました
2010 / 04 / 01 ( Thu )
100401写真展
Lサイズ、キングサイズの写真をお求め、予約される方が多いようです。空いた空間を補充してきました。今日もたまたま、スポットライト(楓)をお求めになったご婦人の方とお話をする機会に恵まれました。「他にも2点ほど欲しい作品はあるんです」とのことでした。嬉しい限りです。人気のある作品は「すみれ」、「スポットライト(楓)」、「水芭蕉」、「月光」、「唐松にぼたん雪」などです。私のお気に入りは「すみれ」、「スポットライト(楓)」、「月光」です。自分の気に入っている作品が人気なのはやはりいいものです。同じ感性の人がいることがわかるだけでも安心します。
(青柳貴大)
22 : 44 : 26 | Photograph exhibition | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。