スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「第九室」作家の作品展
2010 / 07 / 31 ( Sat )
100731第九室2     100731第九室1
2010年7月17日(土)~8月29日(日)まで、安曇野高橋節郎記念美術館で「九室の風を浴び 山口長男・斎藤義重・吉原治良と、高橋節郎展」が開催されています。
高橋節郎の漆芸作品はモダンな印象を受けると言われます。また、高橋は作品の制作においても漆の新しい観せ方を常に追求しました。
 これらのことは、高橋が東京美術学校(現東京藝術大学)に学んでいた時代に日本で盛んに紹介された、欧米からの新しい芸術運動やその旗手たちの作品に、彼が大きな影響を受けたことと深く関係しています。ピカソやダリらに憧れた高橋が毎年観るのを楽しみにしていた国内の展覧会が、二科展の第九室でした。
二科展ではちょうどこの頃、1930年代から、九室に前衛的傾向の強い画家の作品を集めて展示するのが慣例となっており、38年には九室への出品作家を中心に「九室会」が結成され、独立した展覧会も開かれるようになります。
 この展覧会では、九室会の結成に参加、前衛から出発し戦後美術を牽引してきた作家、山口長男(やまぐちたけお・1902-1983)、斎藤義重(さいとうよししげ・1904-2001)、吉原治良(よしはらじろう・1905-1972)の油彩画などを取り上げ、高橋の作品とともに紹介しています。
作品写真左は、山口長男 象B 1947年 横須賀美術館所蔵、右は吉原治良 作品 1936年 板橋区立美術館所蔵です。今ではこのような作風は決して珍しいものではありませんが、1930年代から40年代ということを背景にみると。大変時代を先んじていたことがわかります。
休館日 毎週月曜日(7月19日は開館)、7月20日(火)
時間  9時~17時
観覧料 600円、高校・大学生400円、中学生以下・70歳以上は無料


(藤原裕子)




スポンサーサイト
23 : 30 : 41 | 高橋節郎記念美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010 / 07 / 29 ( Thu )
100729涼
安曇野に待ちに待った雨が、しとしとと降りました。最高気温も26℃と涼しくなりました。果樹や畑の作物にとって、なくてはならない雨です。人にも、優しい日となりました。今日は青柳貴大が「涼」と題したミクストメディア作品を掲載しました。「涼」を感じて頂ければ幸いです。
(藤原裕子)
22 : 50 : 19 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モクテツ工房 風ノ森
2010 / 07 / 29 ( Thu )
安曇野市穂高有明に2010年7月31日(土)、「モクテツ工房風ノ森」がオープンします。オーナーの小林勝美さんが制作した木と鉄の工芸品ギャラリーが二階、一階が工房となっています。ギャラリーにはアレンジランプなどの鉄工芸品、卓上小物や玩具などの木工品が多数展示されます。ギャラリーのオープンが楽しみです。営業は午前10:00から午後5:00まで、不定休です。お問い合わせは小林さん090-4821-0204まで。
(緑川広美)
22 : 13 : 05 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野の空が好き
2010 / 07 / 28 ( Wed )
100728安曇野の空

私の
心の
中の


(岡田浩助)
22 : 46 : 49 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏空の三要素
2010 / 07 / 26 ( Mon )
100726青い空白い雲
青い空・白い雲・眩しい太陽

(岡田浩助)
22 : 37 : 02 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柴田美智子・浅妻克枝のガラス、古根香のストール
2010 / 07 / 25 ( Sun )
2010年8月15日まで安曇野市豊科のアートカフェ清雅にて、柴田美智子さんのガラスの器、浅妻克枝さんのガラスの器・オブジェ、古根香さんのストールのコラボレーション展示が開催されています。
今日も暑いです。アイスコーヒーを飲みながら、オーナーとお三方の作品の特徴や、展示方法などあれこれ話しながら午後を過ごしました。

100725柴田ガラス
柴田さんのガラス食器は手作りのゆらぎと、大小の気泡が含まれたガラスでできており、見ているだけで涼しくなる作品です。

100725浅妻皿
浅妻さんの作品は重厚で、存在感のあるオブジェが目をひきます。

100725古根ストール
古根さんのストールは女性ならではの、優しい感性が編み込まれた一品に仕上がっています。

涼しい夏を演出するためのアイテムが揃ってます。
(緑川広美)
22 : 34 : 26 | Visit diary of Museum&Atelier | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暑中お見舞い申し上げます
2010 / 07 / 24 ( Sat )
100723真夏日
今日は二十四節気の大暑です。梅雨が明けて、一気に全国的な猛暑に。安曇野市も34℃まで気温があがりました。
許されるなら高原の木陰の下でお昼寝をして過ごしたいです。そんな暑さをものともしないヒマワリの写真(青柳撮影)をアップします。お身体、ご自愛ください。

一月  立春(2月4日) 雨水(2月19日)
二月  啓蟄(3月6日) 春分(3月21日)
三月  清明(4月5日) 穀雨(4月20日)
四月  立夏(5月6日) 小満(5月21日)
五月  芒種(6月6日) 夏至(6月21日)
六月  小暑(7月7日) 大暑(7月23日)
七月  立秋(8月7日) 処暑(8月23日)
八月  白露(9月8日) 秋分(9月23日)
九月  寒露(10月8日)霜降(10月23日)
十月  立冬(11月7日)小雪(11月22日)
十一月 大雪(12月7日)冬至(12月22日)
十二月 小寒(1月5日) 大寒(1月20日)

昼夜の長短を基準にした季節区分(各季節の中間点) - 春分・夏至・秋分・冬至
昼夜の長短を基準にした季節区分(各季節の始期)- 立春・立夏・立秋・立冬
気温 - 小暑・大暑・処暑・小寒・大寒
気象 - 雨水・白露・寒露・霜降・小雪・大雪
物候 - 啓蟄・清明・小満
農事 - 穀雨・芒種
(ウィキペディアより)

(藤原裕子)


00 : 01 : 35 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
季節限定オンザロックビール
2010 / 07 / 20 ( Tue )
100720Beer.jpg
秋田地ビール湖畔の杜のオンザロックビールがブレイクしています。
安曇野の情報でなくてもうしわけありませんが・・・
氷を入れて飲む専用のビールです。氷を入れると焙煎した麦芽のカラメル香が
引き立ち、深入りアイスコーヒーのような香りがするそうです。
まずは最初にグラスに氷を入れて、グラス内で十分氷をまわし十分にグラスが冷えた
ところで解け出た水分を捨て、新たに氷を足して、静かにビールを注ぎいれます。
何ともいえない突き抜けるような冷たさと味わいの深さがあるそうです。
(緑川広美)

21 : 40 : 51 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暮らしの器展
2010 / 07 / 19 ( Mon )
100718陶器
2010年7月16日(金)~8月1日(日)まで、安曇野市穂高有明のギャラリーゆうゆうで、小川浩延さんの「暮らしの器展」が開催されています。荻焼きの花器が並びます。
(藤原裕子)
22 : 53 : 22 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010年7月18日安曇野の空
2010 / 07 / 18 ( Sun )
100718の空
梅雨が明けましたね。北アルプスにはずっと灰色の雨雲がかかっていて、山頂までの景色が見えなかったのですが、やっと稜線がくっきりと現れました。父なる山が姿を現しました。空も青く、雲も色々な表情をみせてくれます。一昨日、昨日は満天の星、天の川もうっすらと確認することができましたよ。安曇野ではお盆までの4週間が真夏です。お盆を過ぎると、秋の風が吹き、ススキが穂をひろげ始めます。
そういえばヒグラシもカナカナ蝉も既に鳴いています。庭の草むらではキリギリスの鳴き声も。
あと1週間ほどすれば、アブラゼミやミンミンゼミも鳴き始めるでしょう。ヒマワリは青空に向かってぐんぐん背丈を伸ばしていました。相も変わらず、真夏のキャスティングが整いつつあります。それが四季ですね。
(緑川広美)
23 : 09 : 23 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラ・フェリチタァ 安曇野で人気のイタリア料理店
2010 / 07 / 18 ( Sun )
100717LaFeli.jpg
今日は安曇野市三郷温40-1にある人気のイタリア料理店ラ・フェリチタァでランチです。少し雨が残ったものの、午後から晴れて暑くなりました。オープンと同時に駐車場は満車状態に。駐車できない車は近くの細い農道にとめられていました。店内は広く、お洒落なパーテーションで、ほどよく空間が仕切られています。調度品もセンス良く配置されていました。イタリアローマの家庭料理を提供するお店のメニューは豊富で、生パスタの種類も豊富で選択可能です。同じ味付けでもパスタをかえて食べてみる楽しみがあります。どのソースにどのパスタが合うか、自分のベストを探し当てられれば、パスタ通と呼ばれるようになるかも知れません。ちなみに私はクリーム系のソースにレジネッティのパスタを併せてみました。レジネッティはこのお店で初めて知りました。
ラ・フェリチタァのホームページも楽しいです。ホームページはこちらから。
(緑川広美)
01 : 10 : 23 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅雨が明ける!7月下旬からの安曇野体験!
2010 / 07 / 16 ( Fri )
間もなく梅雨が明けますね。安曇野の短い夏の到来です。
国営アルプス安曇野公園開演記念ウィーク7月17日(土)から25日(日)まで。お茶席(野点)、餅つき・振る舞い、ツリークライミング、セグウェイで森林体験ツアーなどが経験できます。
近くには「ほりでーゆー四季の里」があります。宿泊がお勧め。お天気がよければ、満天の星がご覧頂けることでしょう。
道の駅「ほりがね物産センター」は朝採れ野菜が大人気、地元の業者さんも買い物に訪れます。常念天丼も人気。
・安曇野の里ではRESTチロルであづみ野ガラス北工房の松浦あかねさん、酒井真一さん、浅妻克枝さんの作品展が30日(金)まで開催されています。安曇野ガラス工房入り口近くにはとんぼ玉制作を体験できる「とんぼ玉楽舎」があります。はまる方は何回も来られて、自分のお気に入りや、友達へのプレゼントを制作していかれます。お勧め!!です。
大王わさび農場では手作りわさび漬けや、とんぼ玉制作の体験ができます。
・安曇野アートヒルズミュージアムでは、国内、海外のガラス食器の展示販売、「エミール・ガレ美術館」(ファン必見)、ワークショップではガラス制作体験に、夏だけメニューが登場しています。「Sweet☆ジェリーキャンドル」制作、風鈴制作がお勧めです。7/17(土)のきらめき☆フェスタ2010と同時にスタートします。近くには美味しい手作りソフトクリームで全国的に有名な北アルプス牧場があります。近くには安曇野ハーブスクエアや(私のお薦めはローズヒップティーです)、庭園と蕎麦で有名な「そば処あさかわ」もあります。(昼食時は県外ナンバー車で一杯で地元の人でも待たされます)。
・陶芸体験は、安曇野市穂高陶芸会館でできます。初心者でも、インストラクターの指導で、花びん、コーヒーカップ、皿などを作ることができます。
・そば打ちは安曇野市のこねこねハウスで体験できます。安曇野市の体験施設案内はこちらからどうぞ
安曇野市豊科近代美術館では7月17日(土)から「水越武写真展~大地への想い」が開催されます。地球上の壮大な自然の営みを撮影し続け、国内外で高く評価されているカメラマンです。
安曇野の小さなギャラリーやカフェを見つけたら、訪れて、オーナーに地元ならではの情報を頂くのも手ですね。
(安曇野アートクラフトファンクラブスタッフ)

21 : 18 : 06 | Events | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7
2010 / 07 / 16 ( Fri )
20 : 25 : 36 | Unclassifications | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
香り
2010 / 07 / 15 ( Thu )
100715香り
私の好きなお香は、サンダルウッド。ちょっとお線香くさいと言われるかもしれませんが、何とも心が落ち着く心地よい香りなのです。最近、ショップを訪ねてみましたら、サンダルウッドをベースにブレンドされた「チャンダン」(CHANDAN)が販売されていました。A HEM PRODUCTのHAND ROLLED IN INDIAです。ショップの店員さんに聞きましたら、チャンダンは今一番人気の商品だということでした。不安で生きにくい今の時代がこの香りを求めているのでしょうか。
(藤原裕子)
21 : 38 : 49 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東儀光則 展 ~東儀光則 銅版画の世界~
2010 / 07 / 14 ( Wed )
100714東儀光則展
京都市の銅版画家、東儀光則さんの銅版画展が2010年7月18日(日)まで、ギャラリー中井(京都市中京区木屋町通三条上ル)で開催されています。東儀さんはご夫妻でアートクラフトネットワークin安曇野に参加されています。案内葉書で頂い作品のタイトルは「ぶくぶくぼこんぼこん」です。楽しいタイトルです。
東儀さんが主催するOWL美術研究所のホームページはリンクに掲載していますので、訪れてみてください。
(青柳貴大)
21 : 02 : 04 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アビシニアン キャット
2010 / 07 / 13 ( Tue )
100713アビシニアン
梅雨空から射しこんだ時木洩れ日の中に、佇むアビシニアンキャット。老いぼれてはいても、毛皮の下の筋肉がはっきりわかる。野性味のある猫が好き。
(緑川広美)
23 : 22 : 39 | 猫ねこCatネコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くれない
2010 / 07 / 12 ( Mon )
100712クレナイ
がくが紅のアジサイを見つけました。葉色は他のアジサイより、やや深緑です。手まり型だと派手すぎるでしょうね。
ちなみにアジサイの花言葉ご存じでしょうか?
移り気、高慢、無情、冷淡です。また、辛抱強い愛情というのもあります。
(緑川広美)
21 : 51 : 13 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅雨似合う
2010 / 07 / 11 ( Sun )
100711青い紫陽花
私はガクアジサイの方が好きなのですが、丸い房状の紫陽花の方が好きという方が私の周りには多くいます。房状の紫陽花は遠くからでもすぐ目につきます。花の存在感もあります。でもよく見ると、小さな花の集合体なのです。小さな命が集まって大きな花を作っているのですね。
(緑川広美)
23 : 44 : 33 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五十嵐慈保子展~おがくずから生まれた森の精霊たち~
2010 / 07 / 11 ( Sun )
100711縁縁作品
100711enen想ひ
安曇野市穂高有明のカフェギャラリー縁縁にて8月4日(水)まで、札幌在住の五十嵐慈保子さんの木塑と絵画による「五十嵐慈保子展 おがくずから生まれた森の精霊たち」が開催されています。森の精霊にふさわしい姿、形、表情をしています。森の中に飾るとそのまま森の中に溶け込んでしまいそうです。書も五十嵐慈保子さんご本人によるものです。
(藤原裕子)
22 : 14 : 58 | カフェギャラリー縁縁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
見頃
2010 / 07 / 10 ( Sat )
100710紫陽花寺
安曇野市や長野県中部以南では、各地で紫陽花が見頃を迎えています。今日は近くの紫陽花寺へ。数百株の大きな紫陽花が丁度見頃を迎えていました。蕾の株はありますが、開花した株は枯れた花がなく、最高の一瞬に訪れることができました。紫陽花に囲まれた仏像達は皆、優しいお顔をしていました。
(緑川広美)
22 : 41 : 52 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
封じ込められた芸術
2010 / 07 / 09 ( Fri )
100709壁
よく見てごらん
そこにもここにも
隠れているよ
小さな小さな
美術館
(岡田浩助)
23 : 37 : 06 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蒸し暑い日は眼にも涼しく
2010 / 07 / 07 ( Wed )
100707雪景色
今年の大雪の日、安曇野市にある小さな公園の一コマ。誰もいない白い世界。雪の降る音が聞こえる静寂な空間。寒いけれど、暖かな雪景色。
(青柳貴大)
20 : 16 : 15 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日は七夕
2010 / 07 / 06 ( Tue )
100706七夕
梅雨空を映した塀から、顔を覗かせた笹の葉。明日の七夕を待ちきれぬように見えました。

ささの は さらさら のきばに ゆれる おほしさま きらきら きん ぎん すなご 
ごしょくの たんざく わたしが かいた おほしさま きらきら まどから みてる♪

(藤原裕子)
21 : 30 : 50 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緑の森のチュッパチャプス
2010 / 07 / 04 ( Sun )
100704チュッパチャプス
緑の森のチュッパチャプス
うす紫のチュッパチャプス
軸まで紫チュッパチャプス
こんなに沢山チュッパチャプス
食べたら痛いチュッパチャプス
(岡田浩助)
23 : 06 : 34 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2010 DAIICHI EXHIBITION
2010 / 07 / 04 ( Sun )
100704第一美術展看板
100704第一美術展
今日は久しぶりの美術館訪問です。安曇野市豊科近代美術館で開催されている「第81回第一美術長野展」を見学に行ってきました。会期は7月10日(土)までです。戦前から結成された第一美術展は非常に歴史ある絵画展です。小品は40号から、大作は200号位まで約100点ほど展示されています。一周して感じたことは、どの作品もクオリティが高いということです。独創性、描込みの緻密さ、見事な構図、繊細な色の表現、適材適所のミクストメディア技法、大変勉強になりました。しかも圧倒されました。絵画の他に工芸、彫刻もあります。こちらも面白かったです。お近くの方は脚を運んでみてはいかがでしょうか。
(緑川広美)
18 : 43 : 38 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
少し前まで満開だった
2010 / 07 / 03 ( Sat )
100703とけい草
安曇野は空梅雨と掲載したとたんに、梅雨らしい雨が降り続いています。雨が降るたびに、アマガエルがゲッゲェゲッゲェと鳴いて賑やかです。少し前まであちらこちらに咲いていたこの青い花、今は堅く実を結んでいます。何という花なのでしょうか。調べてみなければなりません。細く細く伸びる葉が、繊細でもあり、不気味でもあり、涼しげでもあります。どこからか種が飛んで来たようで、今年、私の家でも二株咲きました。時計草ではないようです。
(藤原裕子)
23 : 23 : 47 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅雨の合間をぬって
2010 / 07 / 02 ( Fri )
100702山へ行こう
安曇野市は空梅雨気味なのに、九州を中心に豪雨が降っています。梅雨前線の動きが少なく、居座っているようです。夏山シーズンを迎えて、山小屋が混む前に、登山をしたいと友人が言ってましたが、晴れるも曇るも神のみぞ知るところのようで、登山当日晴れることを、ずっと祈っているようです。
私は、本格的な登山ではなくてもいいので、高原に行ってのんびりしてみたいですね。木陰のひんやりした風、早朝から聞こえる鳥のさえずり、日中は蝉の声、蛍を見た後は、満天の星を眺めながら、ロックを一杯。お休みがとれるかなぁ~
写真のミクストメディア作品は青柳貴大 作です。高原に行きたくなったのはこの作品のせいです。(緑川広美)
22 : 40 : 50 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木ままな時間~一花一葉の一輪挿し~終了
2010 / 07 / 01 ( Thu )
100630エンド
無事終了致しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

青柳貴大&
安曇野アートクラフトファンクラブスタッフ一同
20 : 14 : 24 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。