スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
処暑の花火
2010 / 08 / 31 ( Tue )
100831残暑の花火
処暑が過ぎても暑いです。今日で8月も終了し、9日後には白露が訪れます。線香花火のような光の造形。夏の終わりを暗示しているのでしょうか。
(藤原裕子)
スポンサーサイト
22 : 23 : 34 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絶対眠い猫
2010 / 08 / 30 ( Mon )
100830絶対眠い
猫は時として、なぜこのような寝相をとるのでしょう?ぎゅっと顔を抱え込むようにして。絶対零度ならぬ絶対お眠の状態なのか、だから邪魔するなという意志の現れなのか。
猫がぎゅっとすると、胸がきゅっとときめいてしまいます。
(藤原裕子)
20 : 20 : 19 | 猫ねこCatネコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本水彩松本支部展
2010 / 08 / 30 ( Mon )
2010年8月29日(日)から9月5日(日)まで、松本市梓川のアカデミア館にて、日本水彩画会員と、日本水彩展入選経験者並びに一般公募作品を合わせた約50展の展示会が開催されています。
透明水彩を見たくて会場を訪れたのですが、今の水彩の主流は不透明水彩のアクリルガッシュを使った作品が半分以上を占めていました。ジェッソでキャンバスにマチエールを厚く作り、まるで油彩と錯覚するような作品も多数ありました。確かにアクリルガッシュは溶媒が水ですから、油彩か水彩かとで区分すると、水彩にはいるわけです。
透明水彩作家の小野月夜さんや永山裕子さんのファンなので、そのような作品をぜひ見たいと思ったのですが、あまりにも数が少なく、残念でした。
しかし、野田真由美さんの「5月の花嫁」は透明水彩の良さを遺憾なく発揮された大作でした。このような絵がかけることのセンスと技能に脱帽です。一般公募では下平佳子さんのコスモスが透明水彩本来の良さを生かそうと工夫されている作品でした。
油彩、不透明水彩、アクリル画の垣根がなくなって、混在しているのは良いことなのか悪いことなのか、最近は日本画までもが、洋画のような技法で描かれているものもあります。区別がつかなくなって来てしまいます。
私は、水彩といえば透明水彩画がもっとも好みです。
透明水彩だけの展示会があれば、ぜひ足を運びたいと思います。
(緑川広美)
00 : 14 : 34 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第8回信州現展開催
2010 / 08 / 29 ( Sun )
100829原展
2010年8月31日(火)から9月5日(日)まで、松本市美術館にて「第8回信州現展」が開催されます。開館時間は9:00~17:00、入場無料です。主催は現代美術家協会信州支部です。昨日、サンドアート作家の石田恵美さんから、ご案内の葉書を頂きました。今回、出品されるとのことです。お時間ありましたら、ぜひお出かけ下さい。
(青柳貴大)
18 : 16 : 59 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夕立
2010 / 08 / 29 ( Sun )
100829どしゃ降り
安曇野に今夏初めての?夕立がありました。午後5時30分から6時までの約30分間。それは激しいどしゃ降りの夕立でした。暗い空に閃光が走り、壁を揺らす雷鳴も多数ありました。閃光が走ってから「バリバリ、どどどんっ!」と音が聞こえるまでわずか2秒の雷もあり、生きた心地がしませんでした。カーポートの屋根は瞬く間に川のように水が流れ、小さな用水路は水があふれました。
しかし、これは恵みの雨です。からからに乾いていた大地が息を吹きかえすことでしょう。
(藤原裕子)
00 : 00 : 24 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
熟成
2010 / 08 / 28 ( Sat )
1008熟成
ワインセラーで熟成され、出荷を待つ間も熟成し続けるワイン達。
CHATEAU CHAUMONT,MOND VIN1968,CHATEAU MOULIN GRAND VONVIN1975,VIN MOUSSEUX LA ROCHER-SUR-YON1990 etc.
箱が並んだだけで、アートな空間になります。
(緑川広美)
23 : 59 : 49 | Various arts | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
体験教室
2010 / 08 / 28 ( Sat )
○天然石を使ったブレスレット作り
 8月28日午後7時から8時半まで。平安堂安曇野店カフェページにて。参加料1,980円。パワーストーンサークルほしのかけら主催。
(藤原裕子)
00 : 02 : 52 | Events | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初物~安曇野のりんご~
2010 / 08 / 26 ( Thu )
ss100826林檎
今朝取れたてのりんごを頂きました。葉が付いているのは絵のモチーフとするためです。日本画の先生が「葉を付けて収穫してください」と農家の方にお願いしたものです。そのうちの一つを分けて頂きました。綺麗な林檎で、すぐ食べるのはもったいない気がします。すぐ絵に描く時間もないし、ほっておけば鮮度が落ちてしまいます。とりあえず写真には納めました。処暑を過ぎて、一足早い秋便り、嬉しいかぎりです。
(青柳貴大)
22 : 07 : 18 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひまわり畑
2010 / 08 / 25 ( Wed )
100825ひまわり畑
今が盛りのひまわり畑を発見しました。手持ちのコンパクトデジカメは緑の再現が苦手で、白っぽい緑になってしまったので、思い切って絵画風にアレンジしてみました。人間の脳は錯覚を起こすものです。ほんとうはひまわりではないかもしれないのに、この色と形をみると勝手にひまわりだろうと判断してくれるわけです。絵画の省略方法はその錯覚を利用したものが多いですね。
それにしても暑いです。信濃毎日新聞の記事によると梅雨明けの2010年7月17日から8月23日の最高気温の平均値は安曇野市穂高で33.1℃で、平年よりも3.5℃高いとのことです。雨もほとんど降らず、畑の作物が悲鳴をあげています。
(青柳貴大)
21 : 55 : 25 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
避暑
2010 / 08 / 22 ( Sun )
100822避暑
今日も暑かったですね。イチョウの木陰で、自転車も避暑状態です。赤い自転車、青い自転車、色合いがマッチしています。安曇野市のとある公園の一コマ。作品は青柳貴大作のミクストメディアです。
(緑川広美)
23 : 20 : 03 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひまわりが好き!
2010 / 08 / 20 ( Fri )
100819ひまわりが好き
近似補色にあるひまわりのオレンジ色と紫がかった青い空。太陽の光を後光のように放ってすっくと立つ容姿。若いひまわりはこの暑い夏を謳歌しています。凛とした姿勢にこちらも、ただ暑いとばかりは言っていられません。
幸いなことに安曇野の夜は大気が涼しくなってきました。窓から入るそよそよとした風は気持ちいい。窓の近くではコオロギが鳴き始めました。まだ、鳴き方は下手ですが、一生懸命です。自然は秋の気配を教えてくれています。今年は紅葉が綺麗なのか、雪はどのくらい降るのだろう・・・心配で楽しみな事です。
写真は安曇野市堀金の道の駅横の、恒例のひまわり畑のワンショットです。コンパクトデジカメで撮影しているのですが、ストロボを使用したので、逆光でもひまわりの色がなんとか発色してくれました。
時節は過ぎてしまいましたが、来年の残暑見舞いに使えるかなぁ~。
(緑川広美)
23 : 57 : 50 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残暑も猛暑
2010 / 08 / 18 ( Wed )
100818暑い夏
ひまわりは種を実らせ、頭を垂れています。人間は暑さに頭を垂れ、倒れそうです。ひまわり畑が群れた人間の姿に見えるくらい暑さで錯乱しそうです。早く涼しくな~れ。
(緑川広美)
22 : 28 : 49 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
送り盆の日に
2010 / 08 / 16 ( Mon )
100816雨蛙
今日は送り盆。秋の風はまだ吹かず、安曇野も暑い一日でした。昼過ぎの庭、木陰の葉の上には、動くのも嫌だといった表情のあまがえる。いつ雨が降るのだろうとうつろな目が語っているようでした。東京都だけでも今日一日、熱中症で120人以上が搬送されたとかニュースが流れています。自然には逆らえません。暑い日は日陰でじっと耐えるにつきます。自然の摂理を無視し、エアコンで熱気を放出し、土と緑を取り払い、アスファルトとコンクリートで被ってしまった。熱中症は人災です。その代償は大きいはず。それでも、なお働かなくてはならない社会、狂った歯車を戻さなくてはならないリミットが来た気がします。
(青柳貴大)
23 : 20 : 04 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野花火大会
2010 / 08 / 14 ( Sat )
100814安曇野花火一輪
今日は安曇野花火大会です。小雨にもかかわらず、大勢の見物客で会場は一杯だったようです。写真は私の家の二階から撮したものです。花火とはよくいったものです。本当に花に見えます。暗闇に咲くひまわりが魅惑的です。
(緑川広美)
22 : 07 : 19 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
向日葵と秋桜~行く夏・来る秋~
2010 / 08 / 13 ( Fri )
100812夏と秋
お盆になりました。お盆過ぎれば秋の風といいます。稲穂もいつの間にか実りだしました。
ご近所の一風景。行く夏に来る秋が共に咲いていました。猛暑続きの安曇野でしたが、秋はこよみどおりに来てくれるのでしょうか。

(青柳貴大)
21 : 58 : 57 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「土屋豊 ~鍛金作品展~」
2010 / 08 / 12 ( Thu )
100811土屋豊
2010年8月13日(金)から25日(水)まで安曇野市穂高有明のギャラリーぬく森にて「土屋豊 ~鍛金作品展~」が開催されます。鉄、銅、ステンレスの叩きだしによる花器、鉢台、燭台、テーブルライトなど60余点が展示されます。
(緑川広美)
19 : 18 : 44 | ギャラリーぬく森 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松下英友パステル画展
2010 / 08 / 11 ( Wed )
100811松下英友
現在、平安堂安曇野展にあるカフェ・ページにて松下英友さんのパステル画展が開催されています。安曇野市穂高在住の松下さんは独学でパステル画を学び、独自の世界を創りあげています。約20点が展示されています。
(藤原裕子)
21 : 33 : 16 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神々の空と一期一会
2010 / 08 / 09 ( Mon )
100809雲の神々
神々が雲に姿を変え、コロッセアムに集合しています。
神無月でも出雲の国でもないのに、安曇野の空で一体何を観るつもりなのでしょう。
晴天続きで、ストーリーを描けそうな空が久しく現れませんでした。
しかし、願っていると思いは通じるものです。

安曇野ACFスタッフはコンパクトデジカメを携帯しています。一期一会を大切にしたいです。

(青柳貴大)
23 : 19 : 59 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CMで吉永小百合さんが走っている道
2010 / 08 / 08 ( Sun )
現在、放映中のテレビCM、JR東日本の「大人の休日倶楽部」に吉永小百合さんが出演しています。舞台は安曇野市です。CMを見ていて、サイクリングしている場所がすぐわかりました。私も好きで歩いている道でしたから。その小道の名は「せせらぎの小道”Seseragi Trail”」です。
100808吉永さんCMの道標識
安曇野の里の西側に流れている万水川(よろずいがわ)沿いの堤防遊歩道です。CMをみていると背景に川が流れているのがわかると思います。遊歩道の東側にはわさび田が広がっています。
100808吉永さんCMの道
今日は日曜日で、観光客で安曇野の里は賑わっていましたが、せせらぎの小道ではほとんど人を見かけませんでした。「ここが吉永さんが走った道です・・・」と宣伝しているわけではないので、知らない方が多いようです。
そういえばカヌーが一艘下っていきました。
ちなみにCMに出てくる美術館は安曇野市穂高にある碌山美術館です。山は穂高からみた北アルプスです。
(緑川広美)
22 : 47 : 52 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
布で作る草盆栽・三人展
2010 / 08 / 08 ( Sun )
100808布草盆栽
安曇野市穂高有明のカフェ・ギャラリー縁縁にて2010年8月6日(金)~8月18日(水)まで「布でつくる草盆栽・三人展」が開催されています。出品されている作家さんは山野井和子さん、出口幸枝さん、高羽三恵子さんです。
本物よりも本物らしい、細部にまで神経が行き届いた作品が約40点ご覧頂けます。
お客さんの反応は「これは本物でしょう。えっ、これも布の作品ですか?」といったところです。
山野草がお好きな方は一見の価値ありです。
(藤原裕子)
22 : 21 : 18 | カフェギャラリー縁縁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みどりの散歩道
2010 / 08 / 08 ( Sun )
100807小鳥の散歩道
樹々の
風が
空気を
みどりに
染める道

(ミクストメディアジクレー:青柳貴大、文:岡田浩助)
00 : 19 : 57 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
池田町ビストロカモミールでランチ
2010 / 08 / 06 ( Fri )
暑い日々が続いています。いいかげんうんざり。今日は友人と池田町ハーブセンターにあるレストラン「ビストロカモミール」でランチです(私にとってはちょっとした贅沢です)。
                   100806ビストロカモミール
黒豚を使った料理メニューをご紹介します。
○黒豚ばら肉の柔らか角煮、大根と煮卵添え、みそ汁、サラダ、ライス付き
○黒豚ハンバーグ ルッコラとイタリアンパセリ オリーブの香り、スープ、サラダ、地粉パンまたはライス付き
○黒豚の手作りてんぺ味噌風味レモンの香り、みそ汁、サラダ、ライス付き
○黒豚ロース肉のステーキカレーエピス(スパイス)の香り、自家製ピクルス添え、サラダ、プチデザート付き
                 100806ビストロカモミールmenu
他には、ますの香草焼き、豚バラ肉のワイン煮込み、採れたて野菜のスパイスカレーなどがあります。
全てのメニューにはハーブティーまたはコーヒーが付きます。
暑い時だからこそ、ハーブを摂りましょう。ハーブの薬効と黒豚のビタミンB1が疲れを癒してくれます。
農産物直売所の産直野菜も安く、新鮮です。

(緑川広美)
23 : 46 : 47 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ご存じですか?涼風の小道
2010 / 08 / 04 ( Wed )
100804涼風の小道案内
100804涼風の小道
今日は午後からお休みを頂き、以前、青柳がブログで紹介していた大王わさび農場へ行きました。県外からの観光客方々で、駐車場が一杯なのには驚きました。お客さんはレストランで食事をされたり、親水広場の湧き水に足をいれて涼んだり、グラスボートに乗って川面から柳の大木を見上げたり、わさびソフトクリームを食べたりと、それぞれに楽しまれていたようです。関西弁や中国語も聞こえました。
私は、ひととおり見た後に、あまり観光客の方が来ない涼風の小道を散策してみました。大王わさび農場、結構懐が深いのです。農場の案内看板をご覧いただくと、東側に涼風の小道があることがわかります。案内板には「野鳥の歌・樹々のささやき」の文字。なかなかよい響きです。事実、鳥のさえずりや、木立を渡る風の音が聞こえました。
安曇野も毎日、真夏日が続いていますが、木陰に入れば涼風がからだをくすぐります。
身近にある自然がこんなにも心地いいとは、なんと贅沢なことなのでしょう。
観光客の方々の笑顔をみて、私も幸せな気持ちになりました。

(藤原裕子)
21 : 29 : 27 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山下清原画展
2010 / 08 / 04 ( Wed )
100803山下清原画
毎年恒例の山下清原画展が、今年も安曇野市豊科のスイス村サンモリッツ中ホールで開催されます。会期は2010年8月7日(土)~8月22日(日)、時間は午前9:00~午後5:30です。入場料は大人600円、小中学生400円です。
(緑川広美)
20 : 57 : 03 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペーパーアート展~廣岡正勅氏紙の世界~
2010 / 08 / 04 ( Wed )
100803paperart.jpg
2010年7月31日から8月22日まで安曇野市穂高有明のアザレアギャラリーにて廣岡正勅さんのペーパーアート展が開催されています。「いのちあるもの」と題し、魚、植物、昆虫などの作品が展示されています。
(緑川広美)
20 : 51 : 36 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
着物地からの甦生
2010 / 08 / 04 ( Wed )
100803着物地甦生
安曇野市穂高のギャラリー王冠と猫で、布花作家の山口珠音さんと生徒さん達のアンティーク着物地から作られた作品の展示販売が行われています。会期は2010年8月8日(日)までです。
(緑川広美)
20 : 34 : 14 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジクレー版画原板を編集する
2010 / 08 / 02 ( Mon )
100802公園日暮れ時
安曇野市豊科の南部公園の一コマです。今日も蒸し暑い一日となりましたが、視覚からインプットされる色と形で、真夏の公園の体感温度を下げる試みをしました。左下にポツンと点景人物が配されています。現実には少しあり得ないような色とトーンですが、それを創り出すのがまた楽しみでもあります。
これを和紙に印刷するか、キャンバスに印刷するか、画用紙に印刷するかなどで、印象もずいぶんと変化します。
夕暮れの南部公園、お勧めです。
(青柳貴大)
23 : 40 : 56 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
彦坂禮三ジクレー版画展~安曇野市蔵久にて~
2010 / 08 / 01 ( Sun )
100801蔵久外観 100801蔵久小上がり 100801蔵久展示
本日から安曇野市豊科の蔵久で展示が始まった、埼玉県入間市在住彦坂禮三さんのジクレー版画展を見てきました。彦坂さんは以前、松本市梓川の梓川アカデミア館でちぎり絵展を開催しています。その時の展示に感動し、また、私自身もジクレー版画に近い手法で新しいミクストメディアに挑戦しているので、ぜひ見なければと思い、初日に脚を運んだ次第です。
 運良く、彦坂さんとお話をする機会を得、ちぎり絵をジクレー版画にする方法、理由を伺うことができました。彦坂様、ありがとうございました。
 展示は喫茶室壁面のため、お客様に気を遣ってじっくり見られなかったことが残念でした。ブログアップした写真も光りの反射があり、あまりにも稚拙で申し訳なく存じます。しばらくしたら、東京で個展を開催するとのことでした。
 私は、10月に豊科近代美術館で、ジクレー(ジークレー)作品を展示します。

(青柳貴大)
20 : 18 : 48 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。