スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
南アルプスムラ~ミニクロワッサン52円/個~
2011 / 01 / 31 ( Mon )
110128クロワッサン
本ブログでは2回目の登場。
安曇野を飛び出てまたまた道の駅南アルプスむらへ。
大人気のミニクロワッサンです。
タイミングよく行かないと、売り切れてしまいます。
たくさんあるようでも、予約分でかなりがなくなってしまうこともあります。
1個52円ということもあり、大人買いの人もいます。
30個でも1,560円、お土産にドンピシャです。
普通のクロワッサンよりあま~く、バターたっぷりといった感じですが、
私は二口で食べてしまいます!?ブラックコーヒーが飲みたくなります。
クルミパンとバターフランスも買って、早速、お友達とコーヒーブレイク。
小腹大満足の午後!

(緑川広美)
スポンサーサイト
20 : 29 : 55 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アネモネ
2011 / 01 / 30 ( Sun )
110130アネモネ
アネモネ
恋の苦しみ
はかない希望
真実と孤独
風の花

アネモネの花言葉です。

アネモネの花言葉の由来はギリシア神話の悲しい物語からきているようですが、
それはさておき、今日訪れたお店の一隅が妖しいくらい春めいていました。
ざっくりと生けられたアネモネの花でした。
今年第一作目のフォトスクリーン作品となりそうです。

「アネモネ~妖艶な春~」です。

オーナー様、写真撮影ご快諾頂き、ありがとうございました。
また、オーガニックのストレートコーヒーは優しい味がしました。
ごちそうさまでした。


(青柳貴大)
 
 
21 : 58 : 16 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第7回チャリティージャズコンサート~穂高交流学習センターみらい~
2011 / 01 / 30 ( Sun )
110130チャリティージャズ全体
安曇野市穂高の穂高交流学習センターみらいにて、第7回のチャリティージャズコンサートが
開催されました。入場料は無料ですが、ユニセフ募金に協力するというものです。
演奏は13:30~14:40。ジャズのスタンダードナンバーからミーシャの曲まで、
楽しい時が過ごせました。
ジャズですので、ソロパートから移行する時のアイコンタクトなど少しエキサイトです。

110130チャリティージャズ01
今回はバークリー音楽大学在学の橋浦淑子(はしうらとしこ)さん(奥:グランドピアノ)も参加され、
本場の雰囲気がより演出されました。

出演 伊佐津さゆり:ピアノ 伊佐津和朗:ビブラホン 向山博史:バス
   名取和麿:ドラム 樫山英人:ギター 橋浦淑子:ピアノ

(藤原裕子)
19 : 34 : 18 | Events | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本当の自分?
2011 / 01 / 29 ( Sat )
110129myself.jpg

自分がみた自分
他人が見た自分
本当の自分

自分がみた自分よりは他人が見た自分の方が自分

本当の自分は?

簡単にわかれば苦労しない

(岡田浩助)
21 : 54 : 49 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寒波なのに元気
2011 / 01 / 27 ( Thu )
110127寒波
天気はよいのですが、その分、冷え込みが厳しくなります。
大陸から寒波が張り出しています。
安曇野市でも氷点下10℃近くに。
でも、楽しみはあります。
写真の植物、霜がついて真っ白ですが、生きてるんですよ。
春になるのを待って、新芽が吹き出します。
元気をもらえるんです。こうゆう写真。

(緑川広美)
22 : 48 : 49 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第20回全日本アートサロン絵画大賞展~入賞入選者発表~
2011 / 01 / 26 ( Wed )
110126産経新聞
2011年1月25日(火)付けの産経新聞紙上に、産経新聞社等が主催する
第20回全日本アートサロン絵画大賞展の入賞及び入選者が発表されました。

本年は写実表現部門と自由表現部門併せて全国から1652点の応募がありました。
この内、自由表現部門では計171人が、入賞及び入選しました。

自由表現部門の審査員は絹谷幸二(画家・日本芸術院会員)、
建畠哲(京都市立芸術大学学長)の両氏です。

長野県からは2名が入選し、内一人は当スタッフの青柳貴大でした。
昨年に引き続き、2回目の入選となりました。

展示会場は東京都港区六本木の国立新美術館です。
会期は2月3日(木)~14日(月)、8日(火)は休館。
開館時間は午前10時から午後6時(最終日は午後3時まで)、入館料は500円です。

国立新美術館とともに、六本木トライアングル巡りはいかがでしょうか。

(藤原裕子)

22 : 47 : 42 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
紫式部が綿帽子かぶり
2011 / 01 / 25 ( Tue )
110125式部
目覚めて
気づきました
綿雪さん
紫式部の上で
おはようございます

(岡田浩助)
21 : 26 : 50 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アビリティ
2011 / 01 / 24 ( Mon )
110124けやき
夢はかなう

達成できる

未来は明るい

そう思い続ける力

貴方のアビリティ

(岡田浩助)

22 : 33 : 37 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊佐津さゆり・橋浦淑子ジャズコンサート
2011 / 01 / 23 ( Sun )
110123ジャズコンサート
伊佐津さゆり・橋浦淑子(はしうらとしこ)のピアノデュオジャズコンサートが
安曇野市アートカフェ清雅で開催されました。
開演10分前には店内は満席に。
用意した46席は埋まり、立ち見のお客様も。

伊佐津さゆりさんはさすが貫禄の演奏を披露、
橋浦淑子さんは弾くことが楽しくてしようがないといった感じでした。

橋浦さんには演奏中の写真を撮れたらお願いしますと
コンパクトデジカメを渡されましたが
ごめんなさい。人がいっぱいでうまく写せるポジションどりが
できませんでした。
また、カメラのズーム機能もわからず、きっと橋浦さんは砂粒のようにしか
写っていないと思います。

このブログの写真も左端に橋浦さんの手と脚しか写ってません。

前もってわかっていれば、自分の一眼レフを用意したのですが・・・

私個人の感想ですが、橋浦さんはまだお若いのに、ちょっとした
カリスマ性を感じました。
これからの活動が楽しみなアーティストです。

(青柳貴大)
21 : 26 : 15 | Events | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コーヒーを淹れる
2011 / 01 / 23 ( Sun )
110123淹れる
今日はたくさんのコーヒーを淹れました。

オーダーが入ってから豆を挽き、パーパードリップで丁寧に丁寧に
「おいしいところがおちますように!」と念じながら鶴首で
お湯を注ぎます。

同じ豆でも、淹れ方によって味は全く異なります。

うまく抽出できた時は、豊かなコクとほんのりとした甘ささえ感じることができます。

失敗した時は苦みが立ちすぎて、豊かな味わいを殺してしまいます。

帰り際に、「ここのコーヒーは美味しいね」とお客さんの一言。

この一言が嬉しい。

私にはとても充実した一日と成り得たのでした。

(藤原裕子)

19 : 16 : 15 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ明日です! Jazz Duo Mini Concert!
2011 / 01 / 22 ( Sat )
110117duo.jpg
2011年1月23日(日)15:00~15:50まで安曇野市豊科のアートカフェ清雅にて、
伊佐津和朗&伊佐津さゆりご夫妻のビブラホン&ピアノのジャズデュオ、
伊佐津さゆり&橋浦淑子(はしうらとしこ)のピアノ&電子ピアノのジャズデュオコンサートが開催されます。

前回も大好評だったこのコンサート、ワンコインのドリンクオーダーで楽しむことが
できます。

ゆっくり座って鑑賞したい方はお早めにお越し頂いたほうがよいかもしれません。

当日はアトリエ半熟卵のスタッフも厨房のお手伝いで参加します。
エキサイティングな演奏になると思います。楽しみです。

(藤原裕子)
20 : 30 : 41 | Events | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地産地消~ワインとチーズ~
2011 / 01 / 21 ( Fri )
110121ゴーダチーズ
今日は信州北白樺高原の長門牧場ゴーダチーズを手に入れました。
牛乳と塩だけで手作りされたナチュラルチーズです。
そこでこれに合う赤ワインを探してみました。
110121ワイン
夕飯の食材を買うついでに行きつけのスーパーマーケットで物色。
輸入ものは安くて良かったのですが、ライトボディばかりでした。
国産のものを探すと、2千円未満でありました。フルボディの赤ワイン。
しかも長野県塩尻市桔梗ヶ原の地元産ブドウを使用しています。
長野県内では「心を込めた手作りの信濃ワイン」とCMソングが流れています。

それがこの写真のワイン、2009年のメルロー、17700本限定生産品です。
IJWL第40回国際ワインコンクールで優秀賞を受賞した蔵のものです。

ローカルワインにローカルチーズで地産地消となりました。

(緑川広美)
23 : 13 : 39 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コーヒー豆
2011 / 01 / 20 ( Thu )
110120Coffee.jpg
コーヒー専門店、豆の仕入れから焙煎、ブレンドまで行っています。

コーヒーの味の三要素に苦み、酸味、コクがありますが、
ブレンダーはコクを重視してオリジナルの味を作っているように
思います。

苦み、酸味は山菜のえぐみやあくに近い野趣のようなものでしょうか。
それをうまくブレンドして「うまみ」つまり「こく」を作りだすのでしょう。

今日はこの店お勧めの特選ブレンドを豆で購入しました。
コクの立つ味わいです。週末の楽しみが一つ増えました。

(藤原裕子)
23 : 03 : 38 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
隠すことは
2011 / 01 / 19 ( Wed )
110119何気ない景色が
雪に包まれることで、何気ない被写体が
とても愛くるしい姿に見えることがあります。
実は可愛らしかったと気づくことがあります。

笹の葉の形が、色が、向きが素敵でしょ。
脇役の芝のすっと伸びた形が、向きが
可愛らしいでしょ。

隠されることで逆に発見されることも
あるのですね。

隠すことは見せること?

人は隠すことは美しく見せること!?

(緑川広美)
22 : 00 : 29 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪原
2011 / 01 / 18 ( Tue )
110118雪原
小さな湿地帯にはえる葦。湿地帯特有の雪のアンギュレーション、
木立の寒そうな青い影と木洩れ日の暖かそうな色。

10年以上前にリバーサルフィルムで撮影したものを、フィルムスキャナーで
再生したものです。

三脚とカメラ一式を担いで、防寒長靴を履き、撮影に出かけた記憶が
甦りました。

小さな水筒に熱いコーヒーを入れて行ったか、撮影前に自動販売機で
暖かなコーヒーを飲んだかは忘れてしまいましたが。

青のグラデーションとシルエットのバランスを狙った作品です。

それにしても、毎日寒いですね。
三寒四温ならぬ六寒一温的寒さです。

(青柳貴大)
22 : 30 : 38 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬ざれ
2011 / 01 / 16 ( Sun )
110116冬ざれ
今日は一日中、雪降りでした。10cm近く積もったでしょうか。

松本市梓川の倭橋(やまとばし)近辺から上高地方面を望んだ
梓川の雪景色です。

スタッフの青柳貴大が私の撮したスナップ写真をもとに、
約3時間で描いたF4の小品です。

細かい部分は異なりますが、イメージを基に手を休めることなく
一気に仕上げました。

「もう、集中が続かない」とこれで完成としたそうです。

タイトルは「冬ざれ」としました。

木々も大地も凍てつく季節が到来しました。

(藤原裕子)
21 : 28 : 47 | Paintworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪降り
2011 / 01 / 15 ( Sat )
110115星
安曇野に少し雪が積もりました。
未だに、はらはらと舞うように降っています。
その様子を撮したカットです。
満天の星が輝く天の川や
クリスマスイルミネーションのような
造形美が現れました。
自然の力は偉大です。
思いがけない美しさに感嘆です。

(青柳貴大)
21 : 36 : 48 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミルフィーユ
2011 / 01 / 14 ( Fri )
110114MilleFeuille.jpg
TIVOLI(ちぼり)のミルフィーユ。
デュッセルドルフの郊外ハーン在住のアーティスト、カリン・ブルーメ女史のミルフィーユ。
ミルフィーユストロベリー、ミルフィーユオレンジ、ミルフィーユヘーゼルの3本セット。
秋冬限定商品です。
(ヒヨコは別のチョコレートです)
先日、神奈川に行った友人からの一足早いバレンタインチョコレートです。
一月後は本当のバレンタインデイです。
年が明けてから月日が早く過ぎて行きます。
歳をとったということでしょうか。

(藤原裕子)
23 : 10 : 00 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新春 福々縁起物展
2011 / 01 / 13 ( Thu )
110110一本飾り
工房「まめちどり」山崎里奈子さんのとんぼ玉作品展が2011年1月30日まで、
安曇野市豊科のアートカフェ清雅で開催されています。
干支物、根付、つるし飾り(写真)、かんざしなどの和装小物など、
山崎さんの感性溢れる作品が並んでいます。

今日の信濃毎日新聞19面の展覧会紹介記事には、私が撮影した山崎さんの作品が使われています。
オーナーにお願いされて、コンパクトデジカメで急遽撮影したカットですが、
採用されると嬉しいものです。

山崎さんの作品には若い女性からご年配のご婦人までそれぞれに似合うアイテムがあると
思いました。

(青柳貴大)
21 : 56 : 23 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もののけ姫の神
2011 / 01 / 12 ( Wed )
110112トトロの冬
まだ、二十四節気の小寒だというのに、寒い日々が続いています。安曇野は毎日、低温注意報がでています。山沿いの日陰では、根雪が氷のようにつるつるになったり、つららが見られたりします。太陽が出ていないと、耳たぶがしもやけになりそうです。屋外から暖かい部屋に戻った時、耳たぶがかゆくなる感覚、久しぶりです。
写真は、青柳貴大作「神の形」。
霧氷がついた奇妙な形の古木、スタジオジブリ映画「もののけ姫」に登場する神のように見えます。青い空が澄みすぎて、眩しいです。

(藤原裕子)
22 : 40 : 06 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
篝火花
2011 / 01 / 10 ( Mon )
110110ぶたまんじゅう
篝火花は「かがりびばな」と読みます。シクラメンのことです。

シクラメンは東欧から中東が原産地で、原種シクラメンは土が凍るほど
寒い地域でも越冬し、毎年開花してくれます。ヨーロッパのカタクリのようですね。
球根を豚が食べていたため、ヨーロッパでは「豚のパン」と呼ばれていました。
和名では「ぶたまんじゅう」と呼ばれていましたが、この独特の美しい花の形から、
植物学者の牧野富太郎が「カガリビバナ」という美しい響きの異名をつけました。

原種シクラメンはガーデンシクラメンとは異なります。
原種シクラメンは20数種類が発見されていますが、日本で手に入れやすいのは
ヘデリフォリウムとコウムの2種類です。栽培種のシクラメンと比べ、花が小さく
地味ですが、落ち葉をかきわけて咲く姿に、勇気を貰います。

写真は園芸種です。「かがりびばな」なんと素敵な名前でしょう。

(藤原裕子)

22 : 46 : 15 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空にたつ
2011 / 01 / 08 ( Sat )
110107塔
今日は冷えましたねぇ~。安曇野は氷点下8℃でした。
写真は安曇野スイス村の鐘楼です。
東洋のスイスと呼ばれた地だけに、欧風建築も似合うものですね。

それにしても、日本人の胃は大きいですね。
この塔のすぐ近くには昔ながらの蔵があったりするのです。

ハロウィン、クリスマス、年賀、バレンタインなど行事も
和洋混合ですネ。
善し悪し混沌の気もしますが。

(緑川広美)
00 : 35 : 50 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
版による表現~信州ゆかりの作家たち展~
2011 / 01 / 08 ( Sat )
110107版
2011年1月16日まで伊那文化会館で開催されている「版による表現~信州ゆかりの作家たち」展に行ってきました。入場料は100円ですが、展示作品は111展あります。すごいお得な気分です。
山本鼎(木版)、池田満寿夫(ドライポイント、アクアチント)、
辰野登恵子(シルクスクリーン、エッチング)、北野敏美(エッチング、コラグラフ)、
東樋口徹(スクリーンプリント)、いしだふみ(コラグラフ)、
桂川成美(水性木版)、松田修(銅版)、田中恵美(木版)、
八木文子(シルクスクリーン)、三瓶光夫(メジュウムはがし刷り)、
山下武美(凸版拓刷り)、田中清光(デカルコマニー)他多数
を見ることができます。
私が気になった作家は辰野登恵子、北野敏美、田中清光の三氏です。
何かしらのヒントを頂けた気がします。

(青柳貴大)
00 : 22 : 02 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柔雪の降る
2011 / 01 / 06 ( Thu )
110106雪の絨毯
日本海側を中心に雪が降っています。
今年は雪かきをまだ一度もしなくて済んでいます。
ただ、わずかばかりの降雪はあります。
いい塩梅に薄化粧の景色がみられます。

安曇野には、蔵がまだたくさん残っています。
蔵に柔雪は風情があります。
この作品は気に入ってくださる方が多いようです。
現在、安曇野市豊科のアートカフェ清雅に展示中です。

(青柳貴大)
23 : 09 : 09 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野ジャンセン美術館~雪景色~
2011 / 01 / 05 ( Wed )
110105雪の美術館
安曇野市穂高有明にある安曇野ジャンセン美術館に併設された
喫茶室です。
ワインレッドが雪景色の中であまりにも鮮やかだったので、
思わずシャッターを押してしまいました。

当美術館は私立美術館です。
アルメニア人画家ジャン・ジャンセンの世界初の専門美術館として
1993年4月24日にオープンしました。ジャンセンの作品は世界の主要美術館に
収蔵されていますが、これほどまとまった作品を持つ美術館は他にないそうです。
展示作品を少しずつ変えて、企画展を行っています。
2010年度の企画展では、作品を年代順に紹介しその世界を案内する
『ちいさな回顧展』を5回に分けて行なっています。
現在は第5回目の企画展示中です。
マダムジャンセンに捧げた'10常設展(マダムジャンセン追悼展)も
同時開催されています。

代表的な収蔵作品は
バレリーナの吐息(バレリーナシリーズ)
ベニスのはしけ(ベニスシリーズ)
王と女王の舞踏会(マスカラードシリーズ)
老人と子供
画家とモデル 
などがあります。

本日以降の開館日は1月7日から10日までです。その後、
火曜日、水曜日が定期休館日となります。
詳細は安曇野ジャンセン美術館オフィシャルサイトからどうぞ。

(青柳貴大)
22 : 50 : 24 | Visit diary of Museum&Atelier | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
丸いぴょん
2011 / 01 / 04 ( Tue )
110104京菓子
干支の卯の京菓子です。
単純な形が、ほっこりします。

甘さ控えめなあんこがほっこりします。

頭からかじろうか、おしりからかじろうか

隣の同僚は頭からかじって、
それが残酷に見えたので
私はおしりからいただきました。

結果、どちらも変わりなし。

愛でた後は、目をつむってかじればよしですね。

(藤原裕子)
21 : 32 : 28 | Various arts | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の北アルプス
2011 / 01 / 03 ( Mon )
110103常念晴れ
110103白馬晴れ
午前中の北アルプスは素晴らしい景色をみせてくれました。
私の大好きな常念岳は、真冬の化粧をして出現しました。
白馬方面もこれだけ白ければスキー場は全く問題なし。
アルプスが一番美しく見える季節の到来です。
(緑川広美)
21 : 32 : 28 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お人形と日本画で干支遊び
2011 / 01 / 02 ( Sun )
110102卯と雀
桐箱に描かれた日本画家山田三恵子さんの稲穂と雀です。
手前は古布で作られた岸本数子さんの干支のうさぎです。
美しい作品は無駄がありません。
洗練されているのですね。

”洗練された域”
あと何年かかったら到達できるでしょうか。

(藤原裕子)
22 : 20 : 31 | カフェギャラリー縁縁 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2011年(平成23年)元旦
2011 / 01 / 01 ( Sat )
110101北アルプス夜明け

今日からまた、新たな年が始まりました。
物事に区切りをつけることは、
前進するために必要な行為です。

一年後、三年後、五年後の自分はどうなっているか
どう在りたいのか、具体的に思い描きましょう。

今年も、よきご縁に恵まれますように。
ご縁が永く続きますように。

2011年(平成23年)元旦

アトリエ半熟卵のブログ
安曇野アートクラフトファンクラブ スタッフ

(岡田浩助、藤原裕子、青柳貴大、緑川広美)
00 : 00 : 01 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。