スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
安曇野に春一番?
2011 / 02 / 27 ( Sun )
110227春一番
今日の安曇野は土埃で景色まで霞むほど、
強い風が吹いた。

陽気も暖かく、きっと春一番となるだろう。

藤原の友人が「春は黄色から始まる」と
言っていたが、そのとおり景色まで黄色くなった。

気がつけば、日溜まりには福寿草が咲き、
田の畦には黄緑のふきのとうが顔を出している。

(岡田浩助)
スポンサーサイト
22 : 43 : 54 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
塩島千典写真展「Fantasia de Rosa」
2011 / 02 / 27 ( Sun )
110227siojima写展
2011年2月25日(金)から3月2日(水)まで、安曇野市豊科サティにて
開催されている塩島千典写真展「Fantasia de Rosa」~秋から冬へ~。

今日会場へ、脚をはこんでみました。
ちょうどご本人がいらっしゃり、塩島さんと私の写真の流儀について
お話する機会を得ました。

塩島さんと私と似たような写真があるのですが、流儀はかなり異なることが
わかりました。

塩島さんはプロとしての確固たる信念があり、それを話される時の
鋭い眼光が印象的でした。

スタンダードはあるが、絶対ではない。
スタンダードはかえってつまらない。
そもそもスタンダードは誰が決めたものだろうという
内容。

う~ん、確かに。
私は答えを持ち合わせていませんでしたが、
私は私の主観を表現する写真を撮るようにしていることを
お話しました。

展示額も塩島さんの作品です。
展示方法にもこだわっています。
ぜひ、会場へ。

(青柳貴大)


21 : 42 : 32 | Photograph exhibition | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春は黄色から始まる
2011 / 02 / 27 ( Sun )
110227黄蘭
今日は私のパワースポットHAMAフラワーパークに行ってきました。
蘭の鉢物がたくさん展示されていて、とっくに春は訪れていました。

一緒に行った友人が「春は黄色からよ」と言っておりましたが、
たしかに福寿草や、黄色のスイートピー、シンビジウムなどが
溢れていました。

「春は黄色から」この感覚、なかなかいいのではと感心しました。

(藤原裕子)
20 : 41 : 39 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2011 / 02 / 26 ( Sat )
110225siojima.jpg
2011年2月25日(金)から3月2日(水)まで、安曇野市豊科サティにて
塩島千典さんの写真展「Fantasia de Rosa」~秋から冬へ~が開催
されています。
お花好き、バラ好きの方はぜひどうぞ。

(緑川広美)
20 : 57 : 35 | Unclassifications | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬の桜
2011 / 02 / 25 ( Fri )
110225冬桜

氷を

纏っても

天に

向かえ

春は間もない

(岡田浩助、青柳貴大)
20 : 07 : 02 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
流れぼし
2011 / 02 / 24 ( Thu )
110224星
流れぼし

おちた

数多(あまた)の中から

あなたの

胸に

(岡田浩助)

22 : 54 : 15 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
エスプレッソマシン
2011 / 02 / 23 ( Wed )
110223バリスタ
エスプレッソコーヒーマシンを発明した1901年創業の名門ベゼラ社(イタリア)の
業務用エスプレッソマシンです。
マシン名は「イーグル」元祖オールドモデルです。
ちなみに販売価格は一台2,625,000円です。

今日はカフェ・ラッテを頂きました。
このマシンを使うと抽出もあっという間ですね。
写真のバリスタさんに淹れていただきました。

ごちそうさまでした!

(緑川広美)
21 : 29 : 46 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月22日は猫の日でしたか
2011 / 02 / 22 ( Tue )
110222rabbit.jpg
猫ではありません。
ウサギの足跡です。

二匹かと思いましたが、
足跡の向きが違いました。

林から出てきて、お日様にあたり、
また林に戻ったのでしょうか。

雪原を跳ねるウサギの様子が
目に浮かびます。

そういえば、卯年でしたね。

(青柳貴大)
22 : 23 : 13 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春のたより
2011 / 02 / 21 ( Mon )
110221レウシア

中学時代の音楽教師が言っていた。
「君たちはワクワクしていますか、胸のときめきを
忘れていませんか?」
ダブルのチャコールグレイスーツを着込んだいけすかない
奴だった。

後日、そいつが新人で赴任してきた国語の女性教師に
恋をしていることが判明した。
うまくくっついたかどうかはもう忘れた。
興味もなかった。

ただ、歳を重ねてみると思うことがある。

ワクワクしたり胸のときめくことは貴重である事を。

それは、日々の生活に流されるだけでは、全てに中庸を通すだけでは
得ることができない。

溢れ出してとまらないワクワク感、
体全体が心臓になってしまったようなときめき、

歳を重ねてみるとストンと胸に落ちる。

(岡田浩助)
22 : 09 : 01 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アー ユー ジャジィー?
2011 / 02 / 20 ( Sun )
110220jazzsyokan.jpg

ジャジーな気分を楽しもう!

(青柳貴大)
22 : 23 : 16 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2011早春の書翰集でカフェラテを
2011 / 02 / 20 ( Sun )
110220syokansyu.jpg
110220syokansyulate.jpg
何年ぶりかに安曇野市穂高有明の書翰集を訪ねました。
つい先日は、大雪で断念。めっきり春めいてきて、
山道の雪も大分溶け、雨でもないのに、道にはたくさんの
水たまりができていました。

コーヒー専門店だけに、やはりおいしいです。
今日はカフェラテを初めて注文しました。
やはりおいしかったです。
店内にはいい音響でジャズが流れています。
コーヒーを飲みながら読書をするお客さんがいるのは
書翰集ならではの光景かもしれません。

私は、何と2001年のスイングジャーナルを手にとっていました。
特集記事は「ジャズグレイツ定番VS新定番Best50ピアノ編」でした。

昨日の橋浦淑子&伊佐津さゆりピアノデュオジャズコンサートの
エキサイトな様子を青柳貴大が記事にしていましたので、
つい手が伸びたようです。

ジャズピアノ、私には未知の新しいジャンルです。
誰か入門編を教えて頂けないでしょうか?

(藤原裕子)

21 : 53 : 31 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
橋浦淑子&伊佐津さゆり ジャズピアノコンサート
2011 / 02 / 19 ( Sat )
110219toshikoh.jpg
110219sayuri.jpg
安曇野市豊科のアートカフェ清雅にて橋浦淑子&伊佐津さゆりお二方の
ジャズピアノコンサートが開催されました。
回数を重ねる毎に、お互いの呼吸がわかってくるのだろうなと思うほど
今日の演奏は気持ちよく体に入ってきました。
曲に合わせて身をスイングさせることが自然体でできる演奏でした。

真剣に譜面を見ながら、しかし即興の要素を大切にすることで生まれる
エキサイトな演奏、ジャズライブの醍醐味ですね。

橋浦さんの明るく、懸命で、弾けだすエナジーと
伊佐津さんの落ち着いたクールな大人のエナジーが
うまい具合に絡みあっていたように感じました。

演奏が終了した後にカウンターでコーヒーを飲んでいた橋浦さん、
私のポストカードを見て「私、これでも手紙たくさん書くんですよ!」と。
誰も筆無精とは一言もいってなかったのですが、面白い方です。
そしてたくさんポストカード購入して頂きました。
嬉しかったです。ありがとうございました(^_^)v

(青柳貴大)

21 : 24 : 22 | アートカフェ清雅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スペシャリティー
2011 / 02 / 19 ( Sat )
110219tea.jpg

紅茶のなかに浮かぶ

妖しい黄金色のオレンジ

誰かの思いなのか

見てはならないものなのか

それとも希望の光なのか

(岡田浩助)
20 : 24 : 51 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Windows ~窓~
2011 / 02 / 18 ( Fri )
110215windows.jpg
Uma janela
Ein Fenster

Windows
창문
Une fenêtre

Una finestra
Una ventana

All the people have his world.

(Kohsuke Okada)(Photo:K.Aoyagi)

22 : 50 : 06 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こびと達のキッチン
2011 / 02 / 17 ( Thu )
110217厨房

小さなかわいいフライパン
夜中にこっそりのぞいてごらん
小さなかわいいフライパン
こびと達が腕自慢
小さなかわいいフライパン
昼間はただのフライパン

(岡田浩助)(青柳貴大)

22 : 45 : 33 | Mixed media | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春三題
2011 / 02 / 16 ( Wed )
今日お昼休みに探してみた春三題をお届けします。

110216春一題
110216春一題3
110216春一題2

陽射しがおいしい。
空気が気持ちいい。
小鳥がさえずりながら、枝を渡って行きました。

(緑川広美)
22 : 28 : 19 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
積雪
2011 / 02 / 15 ( Tue )
110215雪と民家
昨日の大雪から一夜明けて、安曇野は静かな朝を迎えました。
積雪は20cmに達しました。
通勤途中にあるお気に入りの古民家と防風林。
漆喰の白塀に合わせたような雪化粧の中に
鳶色の木塀が渋いアクセントカラーとなっていました。

(藤原裕子)
22 : 59 : 13 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
黄金のカリヨン
2011 / 02 / 14 ( Mon )
110214雪とカリヨン

億本の

針が

刺す夜に

佇む

カリヨン


(岡田浩助)
22 : 36 : 35 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KAYO ピアノコンサート
2011 / 02 / 13 ( Sun )
110213cross.jpg
アートカフェ清雅でKAYOさんの
コンサートがありました。
十字架と共にありました。
蔵にピアノが響きました。
蔵の外は春めいていました。

(岡田浩助)
18 : 39 : 57 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
休むことから始めよう~薔薇の君へ~
2011 / 02 / 12 ( Sat )
110212始まり
一歩ずつ歩む前に
休むことからはじめよう

自分の心に貯まったものを
捨てることから始めよう

自分にとって愛しいもの、
優しい人たちとふれあおう

あなたを見守る人はそばにいます

あなたを必要とする人もそばにいます

あなたが気づいていないだけ

自分に優しくしてあげてください
素直な心を大切にしてあげてください



(岡田浩助)
23 : 46 : 59 | Words | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飯田朱音&荒井美那子duo ミニコンサート
2011 / 02 / 12 ( Sat )
110212duo.jpg
安曇野市のアートカフェ清雅ではウィークエンドの午後、地元で活躍される
若き演奏家達のライブが行われています。
今日はバイオリン飯田朱音さん、ピアノ荒井美那子さんのデュオコンサートでした。
私がリクエストした曲、リストの「愛の夢」も演奏して頂きました。

飯田朱音:バイオリンの指導をする傍ら、ブライダル演奏、ホテルのロビー演奏、
ボランティア活動を精力的に行う。
大学在学中は、六本木morph-tokyoで音心~on heart~でライブ活動、
第29回新人演奏会に出演。

荒井美那子:ピアノ講師。電子ピアノデュオ「パドゥ」で、安曇野市、松本市の
ロビーコンサートを中心に演奏活動を行っている。

会場のお客さんには彼女たちからバレンタインのチョコレートが贈られました。

フェアリーのようなお二人からのサプライズでした。

(青柳貴大)

22 : 52 : 23 | アートカフェ清雅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月の雪
2011 / 02 / 12 ( Sat )
110212snowpines.jpg
一昨日から降り積もった雪で、やっと雪原風景が撮影できるように
なりました。

山際まで車を走らせて青柳貴大が撮影した1カット。

白に混ずる常磐色(ときわいろ)の葉とえび茶色の幹が
冬らしさをより演出しています。

天に伸びる樹形も清々しいです。

(藤原裕子)
21 : 24 : 06 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
cafe VALOのカウンター
2011 / 02 / 11 ( Fri )
110211山帰来VL
カフェバロのカウンターには『サンキライ(山帰来)』の
リースが置かれています。
「これはコーヒーの実ですか?」と誰もが聞きそうな質問を
してしまいました。

山帰来:サルトリイバラ科
学名:Smilax glabra Smilax china
別名:サルトリイバラ ガンタチイバラ
原産国:日本・中国・朝鮮半島・インドシナ半島
花言葉は『元気になる・不屈の精神』

日本で言う山帰来と中国でいう山帰来は種類が異なります。
花言葉にある『不屈の精神』は
どんな逆行にも負けず強く育つことからつけられたようですよ。
お客様からの頂き物です。
もう2年目になるのですが、赤くなったまま、
永く保たれるようです。この時期、赤い実は貴重です。

と奥様がすらすらとお話してくださいました。

何回も同じ質問をされているかもしれませんね。

マイブログ用にとお断りし写真を撮らせて頂きました。

模様のあるガラス器に入っていたので、ガラス越しの
景色はちょっと面白いものとなりました。
実物は皆、丸く赤く美しい形をしています。

カフェバロのカウンターには写真にうるさい?(私もそう)
お客様が大勢おいでになるそうで、
ご主人は「ブログに掲載する写真にかなり苦労している」と
おっしゃっていました。

そんな背景はもちろん知らず、
「ブログの赤い小箱の写真、素敵でした」と
申しましたら、ご主人、かなり喜ばれているようでした。

今日、注文した珈琲ですが
「甘さを感じるコーヒーが飲みたいです」
と無理な注文をしました。
奥様が、以前安曇野ブレンドに甘みを
感じるというお客様が一人いたことを思い出して、
「では安曇野ブレンドにしてみますか?」ということで、
いただいてみました。

口に含んだ時にほのかな甘さを感じます。
その後爽やかな酸味が口腔に広がり、持続します。
その中で、次の一口を含んだ時に、またほのかな甘さを
感じます。その繰り返しが心地よい調和をかもす
ブレンドに仕上がっていると・・・素人の感想ですが。

窓越しに2月の淡雪が降り続いていました。

(青柳貴大)
21 : 37 : 06 | Foods&Drinks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日独交流150周年記念~マイセン磁器の300年・壮大なる創造と進化~
2011 / 02 / 10 ( Thu )
110209マイセン300年

東京都港区赤坂の東京ミッドタウンガレリア3階のサントリー美術館にて
2011年1月8日(土)~3月6日(日)まで日独交流150周年記念・国立マイセン
陶器美術館所蔵のマイセン磁器の300年展が開催されています。
国立新美術館のそば、六本木トライアングルの一つです。

入館料:当日 一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
前売券 一般1,100円、大学・高校生800円
ユニークな割引:和服割 和服でご来館の方は100円割引
  [ATRo(あとろ)割 国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

大きな美術館では普及した音声ガイド:こちらは500円ですが、じっくり勉強したい方には
お勧めです。

休館日:火曜日※3月1日(火)は開館

写真の作品はあまりにも有名な神話図壺、フォルム原型18世紀中期、製造1880-1900年頃
国立マイセン磁器美術館所蔵です。

ため息がでるばかりです。

具体的な何かがインプットされるとよいのですが・・・

(緑川広美)
   


00 : 09 : 19 | Events | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青い夢を見た
2011 / 02 / 09 ( Wed )
110209青い夢と花
絵を描きたくて描きたくて
衝動に駆られて筆をとっても
キャンバスは白いままで何も
浮かばず、何を描きたいのだと
懸命に考えた。

浮かんできたのは想像の花と花瓶、
一気に描いた。
何の花かも判らないけれど
一気に描いた。

青い夢の中に浮かぶような絵となった。

(青柳貴大)
22 : 16 : 43 | Paintworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セピア色に春めく
2011 / 02 / 08 ( Tue )
110208雪紐

川柳の大樹

年輪と

記憶を重ね

セピア色の

春を迎える

(岡田浩助)
21 : 58 : 35 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蒼に凛と
2011 / 02 / 07 ( Mon )
110207蒼い霧氷
ブログ読者の方から、「自然を撮した写真が好きです」というメールを頂きました。
コメントを頂く機会は決して多くないものですから、素直に喜んでおります。

周りからは「姫」と呼ばれている方だとか。
私もお会いしたことがあるのですが、穏やかな笑顔の中に、凛とした強い意志が
みなぎる素敵な女性です。

写真のご注文も頂いたので、今日は彼女の透明さと強い意志をイメージした写真を
掲載させて頂きます。

「蒼に凛と」

撮影地は安曇野市です。

お気にめして頂けたらいいのですが。

(青柳貴大)
22 : 03 : 42 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
国立新美術館にいます!
2011 / 02 / 06 ( Sun )
110204東京midtown
場所は東京都港区六本木の東京ミッドタウンです。
今日は全日本アートサロン絵画大賞展を観覧に
やってきました。六本木は日々トレンドの先陣を切って
街が変化して行きますが、ちょっとした小さな公園の
周りに展開される風景、昔から代々続く、果物屋さんの
店先と働く人など、ほっとする空間もあります。


110204国立新美術館
東京メトロ大江戸線の六本木駅から歩くこと数分、
国立新美術館に到着です。展示室1Bにて
平成23年2月3日~14日(8日休館)、10:00~18:00まで
当絵画展が行われています。

青柳貴大の入選作品「つながればみんな楽しい!」も
展示されていました。
筆を使わずに制作した作品なので、どう評価されるかと
話していましたが、審査員の目には留まったようです。

とりあえず、「青柳貴大、2年連続入選おめでとう」ですね。

私は日本橋の三越近くのホテルを予約し、東京の夜を満喫!

さてさて、お土産は何にしよっかなぁ~?

(緑川広美)
22 : 55 : 15 | Paintworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フルートとピアノのミニコンサート
2011 / 02 / 06 ( Sun )
110206コンサート
安曇野市豊科にあるアートカフェ清雅でフルートとピアノの
ミニコンサートが開催されました。
フルートは丸山貴菜さん、ピアノは井垣理沙さんです。
いづれも東京音楽大学を卒業し、幅広く演奏活動を行っています。

ヴェノスアイレスの冬、チャルダッシュなどが演奏され、
蔵の中に奏でられるお二人のハーモニーに拍手が鳴っていました。

お二人の姿を見ていたら「芽吹き」という言葉が脳裏に
浮かんできました。

安曇野は少しずつ春めいてきています。

(青柳貴大)
20 : 47 : 04 | アートカフェ清雅 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第15回中信女流作家選抜展
2011 / 02 / 04 ( Fri )
110201女流作家展
2011年2月2日~2月13日まで、松本市美術館市民ギャラリーにて
第15回中信女流作家選抜展が開催されています。
入場は無料。
工芸の部門ではサンドアートの石田恵美さんも参加しています。

(藤原裕子)
23 : 49 : 04 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。