スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
七色カエデ
2012 / 11 / 25 ( Sun )
121122七色楓
秋はおしゃれの季節。
だってこんなにもたくさんの
色に満ちているから。
今日は何色の服を着て
お出かけしようかな。

      (青柳 貴大)
スポンサーサイト
16 : 00 : 00 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さくら 落ちて 大地 染まれば
2012 / 11 / 11 ( Sun )
121110落ち葉
さくら
落ちて
大地
染まれば
暖欲しく

Photo by K.Aoyagi

(藤原 裕子)
18 : 53 : 07 | Four Seasons | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桜は二度咲く
2012 / 11 / 06 ( Tue )
121105桜
桜は二度咲く
春は
桜色に
秋は
くれないに
桜は二度咲く

  (青柳 貴大)
20 : 46 : 22 | 青柳貴大フォトスペース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安曇野スタイル 工房から箱 & さくら窯
2012 / 11 / 04 ( Sun )
121104kajika.jpg
かじかの里を会場に行われている安曇野スタイル。
ここでは工房から箱の加藤容子さんとさくら窯の石曽根久美子さんの展示を
見ました。
写真の上段と三段目が加藤さん、二段目と四段目が石曽根さんの作品です。
写真では質感や存在感が伝わらないのが残念です。
器は手にとってみるものですから・・・。

加藤さんには白露の先生をご紹介頂きました。
庭の花が美しい頃に遊びに行きたいと思います。

また、来年の初夏の展示の打ち合わせも少々。
加藤さんとコラボする予定です。
少し気が早いかもしれませんが、
この冬がアイデアを練るよい期間となるのです。
今日から半年先の楽しみと苦しみがスタートです。

加藤様、石曽根様、白露の先生 ありがとうございました。

                   (青柳 貴大)
18 : 53 : 15 | Art exhibitions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
犬の肖像画 Kyoseido
2012 / 11 / 04 ( Sun )
121104Kyosd.jpg
安曇野スタイルに毎年参加しているkyoseidoさん。いつか伺おうと
思い、4年が経ってしまいましたが、今日訪問できました。
黒字の画紙に白のパステルのみで描かれた作品達です。
ブログ掲載の許可を頂き、撮影しました。
日本各地から注文がはいるそうです。
絵をみれば納得です。
クライアントが望むイメージと実際の犬の形とのギャップを
どう補完するかが悩みどころだとおっしゃっていました。
パステルの白でも、メーカーによって白の白さが異なる
というお話も興味が湧きました。

121104Kyosd2.jpg
庭がとても美しかったです。
絵の話よりも先に、庭のことで話し込んでしまいました。
このあたりは赤松が多いのですが、松を抜いて、落葉広葉樹を
残したとのことです。
自然のままの里山の樹林に囲まれていました。
きっと春にはスプリングエフェメラルが咲き乱れることでしょう。
庭の楓を撮影させていただきました。

121104Kyosd3.jpg
kyoseidoさんのまえの道からみた有明山と紅葉の里山の景色です。
今日も安曇野はお天気に恵まれました。
自然に祝福されているかのような景色、贅沢です。

Kyoseido様、ありがとうございました。

                          (青柳 貴大)

18 : 38 : 59 | Visit diary of Museum&Atelier | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秀太郎工房
2012 / 11 / 04 ( Sun )
121104syutr.jpg
安曇野スタイルに参加している秀太郎工房さんにお邪魔しました。
幾種類かの椅子があり、「全部に座ってみてください」とのこと。
遠慮なくすべてに座りました。
自分にフィットする椅子があるものですね。
座り心地の良さに驚きました。
「この椅子は女性に合います」。
お客さんの女性は座り心地がとてもよいといってました。
その椅子は私にはフィットしませんでした。男ですので(妙な安堵?)。
「一生ものの椅子、その存在だけで空間が生まれる」という
秀太郎さんの言葉には自身が溢れていました。
ありがとうございました。
                       (青柳 貴大)
18 : 21 : 12 | Visit diary of Museum&Atelier | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。