スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
花梨の一輪挿し(カリンのウッドベース)
2011 / 05 / 05 ( Thu )
110505花梨
青柳貴大が6月の作品展に向けて制作している一輪挿し。
花梨の木で作られたウッドベースです。
庭に咲いていた一人静を一輪、
投げ込んでみました。
青柳の作品は、野の花が似合うようです。

仕上げはオスモカラーのノーマルクリア塗装なので
カリンの紅茶色がしっとりとしています。


カリン(花梨、花林、花櫚、学名:Pterocarpus indicus)は、マメ科シタン属の広葉樹。
バラ科の果樹・花木として知られる庭木のバラ科のカリンとは全くの別種。
八重山諸島に分布するヤエヤマシタン(八重山紫檀)とは近種。

タイ、ミャンマーなどの東南アジアからフィリピン、ニューギニアの熱帯雨林に自生。
日本では八重山諸島が北限。
金木犀に似たオレンジ色の小さな花が密集して咲く。
芳香があるが、花期は短く1~2日。東南アジアの緑化や街路樹や公園に好んで使用される。
シンガポールのメインストリートであるオーチャード通りやバンコクなどで多く見られる。

フィリピンの国樹であり、タイのチョンブリー県とプーケット県の県樹である。

フィリピン名ではナーラ(ナラ)、ミャンマーではパドウク、インドネシアではアンサナ、
マレーシアではセナ、パプアニューギニアではニューギニアローズウッドと呼ばれる。

材は黄味かかっているものから紅褐色~帯桃暗褐色で、バラの香りがあり、赤色染料が取れる。
シタンに似ており、代用材としても使われる。

古くから唐木細工に使用される銘木。家具、仏壇、床柱、装飾、楽器、ブラシの柄等。

以上ウィキペディアより引用


(藤原裕子)
22 : 09 : 41 | Woodworks | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いろどり | ホーム | 葉桜~五月連休ひとこま~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://azuminoacf.blog105.fc2.com/tb.php/1007-a9d6ea58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。