スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
バッチフラワーレメディ~Bach Flower Remedies~
2009 / 09 / 14 ( Mon )
090914Bach博士
青柳が「先日お会いした作家さんがバッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)をやっている」とのことでした。バッチフラワーレメディって何でしょうか?調べてみました。
・バッチとフラワー
英国の医師で細菌学者でもあったエドワードバッチ博士が38種類の花のエネルギーが否定的な感情や精神に働きかけ肯定的感情へおきかえていくことを発見し1936年に完成させた。
・レメディ
レメディとは直訳すると治療薬と言う意味に使われたりするが、他の意味では、療法(セラピー)、救済策、解決方法などの意味もある。
・バッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)
花のもつエネルギーを借りて、自分で自身を癒すことのできる療法(セラピー)。心や感情のバランスを取り戻すための自然療法。
・フラワーレメディーの成分
バッチフラワーレメディの作用に有効な成分の核となるものは、 植物のエネルギーを取った母液。この母液は、現在もバッチ博士が最初にレメディを作った場所で厳しい管理の元、伝統の製法を守りながら作られている。母液は、野生の花や植物を太陽の光に当てたり、あるいは煮沸することによって作られる。この母液の保存料として、グリセリンが少量加えられている。少容量のボトルに入れられ販売されている。日本でも販売されており、通販でも入手可能(類似品に注意)。
・効果
バッチフラワーレメディは薬ではなく感情に働きかけるもので、体に直接働きかけるものではない。
感情を安定させ、感情が身体に及ぼしている影響を緩和させる。
・アロマテラピー等とバッチフラワーレメディとの違い
アロマテラピーとバッチフラワーレメディ、どちらも原料は植物だが、アロマオイルやハーブティー、植物サプリメントなどは、植物が持っている有効成分を抽出したいわば薬効が、嗅覚から脳へ、また、皮膚や胃からの吸収によって体に作用する。バッチフラワーレメディは花のエネルギーを取り出し、そのエネルギーを取り入れる方法であり作用の仕方が異なる。花の持つエネルギーで感情や精神のバランスを取りもどすための自然なシステムとなっている。
・花の種類と作用(直訳のため不自然な和訳あり)
 Agrimony ヒヨドリバナ - 快活な面の後ろの精神的な拷問。
 Aspen アスペン - 未知の物に対する恐怖。
 Beech ヨーロッパブナ - 不寛容。
 Centaury ヤグルマギク - ‘いいえ’と言う無力。
 Cerato セラトー - 自分自身の決定への信頼の不足。
 Cherry Plum チェリープラム - 譲歩している精神に対する恐怖。
 Chestnut Bud セイヨウトチノキの芽 - 誤りから学ぶ失敗。
 Chicory チコリー - 利己的で、所有欲の強い愛情。
 Clematis クレマチス - 贈り物の中で働かずに未来を夢見る。
 Crab apple 野生りんご - 浄化レメディー。自己嫌悪のためにも。
 Elm ニレ - 責任によって圧倒されている。
 Gentian リンドウ - 妨げの後の落胆。
 Gorse ハリエニシダ - 絶望と絶望。
 Heather エリカ - 自己中心と利己主義。
 Holly セイヨウヒイラギ - 憎悪、妬み、および嫉妬。
 Honeysuckle スイカズラ - 過去に生きる。
 Hornbeam セイヨウシデ - 遅延(何かをする考えの疲労)。
 Impatiens ホウセンカ - 性急さ。
 Larch カラマツ - 信用の不足。
 Mimulus みずほうずき - 知られている物に対する恐怖。
 Mustard マスタード - 深く、理由もなく陰気になること。
 Oak オーク - 極度の疲労の地点を通り過ぎて歩き続ける地味な努力家。
 Olive オリーブ - 精神的な、または肉体的な努力に伴う極度の疲労。
 Pine セイヨウアカマツ - 自分を責める。罪悪感。
 Red Chestnut ベニバナトチノキ - 愛する人の幸福のための過剰な心配。
 Rock Rose はんにち花 - 恐怖と恐怖。
 Rock Water 岩清水 - 自制、頑丈、および自我抑制。
 Scleranthus スクレランサス - 選択肢から選ぶ無力。
 Star of Bethlehem オオアマナ - ショック。
 Sweet Chestnut くり - すべてが試されて、残された光が全然ない時の極端な精神的な苦悶。
 Vervain クマツヅラ - 過剰な熱狂。
 Vine 西洋ブドウ - 優越と不屈。
 Walnut クルミ - 変化と望まれない影響からの保護。
 Water Violet ウォーターバイオレット - プライドと冷淡。
 White Chestnut 西洋トチノキ - 望まれない考えと精神的な議論。
 Wild Oat スズメノチャヒキ - 生活における自分の方向の不確実性。
 Wild Rose カニナバラ - 漂流、辞任、冷淡。
 Willow ヤナギ - 自己憐憫と憤慨。

私たちの身のまわりにある植物がたくさんあります。科学的にはその作用機序は証明できないようですが、花や緑、木々に囲まれた環境は確かに癒しそのものです。それにしても”Sweet Chestnut くり”の部分の和訳は迫力があります。まるで、先進国の中でも自殺者が特に多い現在の日本人のようです。(藤原裕子)
23 : 56 : 46 | Introductions | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ひらい みも イラスト展~温度差~ | ホーム | 積層のガラス展~はじまりは一枚の板ガラス~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://azuminoacf.blog105.fc2.com/tb.php/373-ee87b623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。