スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
田淵行男記念館に行って来ました。
2008 / 10 / 25 ( Sat )
081025田淵行男記念館入口
081025田淵入館券ミヤマモンキチョウ

玄関には花が飾られ、ユリの香りが外まで漂っていました。田淵氏の蝶の精密画が展示されていました。表現は変ですが実物よりも写真よりも”蝶”でした(写真は入館券に印刷されていたミヤマモンキチョウ)。精密な観察とそれを表現する色と筆の使い方に感嘆しました。私も植物を描くときに、図鑑を参考にしますが、最近の図鑑は写真が主で葉脈や葉の出方、萼の付き方がわかりません。ボタニカルアート版の植物図鑑が欲しいです(たぶんない?)。牧野富太郎氏の植物図鑑はちょっと高額で欲しいのですが躊躇しています。
同時に展示されている小山内龍(おさない・りゅう)氏の絵はイラスト化された昆虫であふれ、昭和初期の懐かしい趣が感じられました。
(岡田浩助)
22 : 37 : 15 | Visit diary of Museum&Atelier | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白菜 ~走り~旬~なごり~時知らず~ | ホーム | 今月の1枚 ツタと共生する古民家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://azuminoacf.blog105.fc2.com/tb.php/68-a457f638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。